名古屋 食を守る集会へ

d0060920_139137.jpg
名古屋行ってまいりました。
早く仕事しろ~っと何処からか聞こえてまいりますが
私行く予定など無かったのですが、「日本で1人しか作れない日本古来の和からしが作れなくなるかも」
「ある場所の環境破壊をくいとめる為にCOP10に訴えよう」と、報道記者の取材を交えて集まるのだが、行く?
素晴らしく旨いものがこの世から消えていく、環境破壊⇒汚染により貴重な食材が無くなり食べれなくなる
それは、私の懐を救うよりも先に救わなきゃいけない優先順位の高いもの!一つ返事で荷物をまとめました。

copは締約国会議(Conference of the Parties)の略。環境問題にも色々ありますが
京都議定書なども気候変動枠組条約 (COP-FCCC)で合意されている。

(COP-CBD)生物多様性条約もその一つ。

生命は、さまざまな形でつながり合いながら、お互いに生存していたはず。
世界の各地で、人間によるさまざまな環境破壊によって、
多くの野生生物の生息場所が分断され、生物多様性保全が深刻な危機に直面している。
(COP10CBD)は名古屋で来年、開催される。

そして岐阜羽島に降り立った私たちは集合場所に向かう前に
取りあえず、美味しい抹茶を頂きに(爆)お寺によりました。本当はごあいさつごあいさつ・・・




d0060920_1338761.jpg
この鐘は1717年に法信寺の16代住職によって造られた。
この地方は昔、綿・絹織物の産地であったのだが、サシ・マス・ハカリ・そろばん等のおかげで利益を得ている、
その恩恵をこの鐘の音を聞くたびに思い出すように、そして利益の上に利益が生まれるようにと願った。
d0060920_133819100.jpg
その鐘には、カネがマスように・・・とマスが描かれています、
第二次大戦にもその珍しさゆえ、金属徴収もまぬがれたそうでございます。
それで、戦時中も「魔除けの鐘」と言い伝えられたそうです。

よし、ここで「そば箸の残り少ない貯金が寝ている間に増えますように!」・・・寝てちゃ駄目?
d0060920_1352290.jpg
白黒写真にしちゃいましたが、こちら本堂の上の部分は見張り台ともなっていて、手回しで上に上がる仕組みでそこに畳間があり
敵の攻めてくるのを監視できたそうでございます。
残念ながら火事により、ぜんまいのあった部屋は失ってしまったそうですが、再現は可能だそうです。
d0060920_1403771.jpg
愛知には、いたるとこにみかんが落っこちております(爆)
行く先々で拾って売れるよね~、笑う女性陣に「カ~ッ女はお金に汚いねぇ~」「あんたが何言うの!ペチッ」なんてバスの中。
d0060920_14511296.jpg
お次は岐阜羽島の無農薬栽培グループで活動している方の元へ・・・。
ここで、からしの種を手がけてもいいが、どんな方法で進めましょうかと話し合う。
しかし試食でいただいたのですがあんなに美味しい生のブロッコリーは初めてでした。生の茎が美味しい。
なんでも、安全な有機栽培肥料に工夫を加えた農業なのだそうで、資料を頂きました。

利益を求めていなかったのですがボランティアで交通費すら出ない皆さんに少しでも還元できれば・・
現在、各家庭の家族とのお互い納得できて楽しめるシステムを考案中のようです。

もっと世の中が安全な食に関心をもってくだされば、体中に核爆弾を投げ込まれることはなくなりますよね。
今回、はるばる遠くからかけつた方々の安全でグルメな試食会もありましたが
食の危険についての講義も聞くことができました。知らないことも沢山ありかなり深刻。
アトピーや花粉症、癌・・・そんな病気が増え続け、DNA病の子が生まれてくるのは当然ですねぇ。

植民地である我が国を信じてはいけないと思います。食は家族で、地域結束でしか守れませんね。
新しい化学食品や太らないとうたうもの、昔からあるもの以外すべて手を出さないほうがいいと思う。
たとえば今や、ラードのほうがマー〇〇ンよりも健康的です。
そして、スーパー・コンビニのパンやお菓子、調味料。
いつも内容表示を見て思うのは「この広い中で、うちの子にあげれるもの5分の1もあるかしら。」
[PR]
by noegon8p | 2010-02-11 14:04 | 日々のつぶやき


<< 蓮根の里 はすの実 若筍きのこそば >>