銀座 流石 -Sasuga-

d0060920_842283.jpgどんより曇り空の銀座、行ってまいりました。噂の新星、「さすが」です。地下一階にあるこじんまりとした店ですが、センスの良さは店先のシンプルさにも伺えました。こんな小さなスペースをうまく使っていますね~。朝顔がすずしさを演出しておりました。




d0060920_10243222.jpg席はテーブル2人席を組み合わせた形で7席くらいありました。ワインは数あってシャンパーニュ講座みたいなのもやってるみたいでした。写真は天ざるのかきあげ。桜海老のみで、さくさくと歯ごたえも軽いんですよ。添えられた粗塩でいただきます。おいしかったぁ~!
それもそのはず、この桜海老のかきあげは静岡直送で生桜海老のかき揚げだそう。名店の朴念仁の系列店、意志を継いで素材にこだわる店なのですね~。
このかきあげはクリックすると大きく見れます。生唾をあなたに・・・
d0060920_8562167.jpg薬味が来ました。ひやかけそばの大根おろしはほんのりピンク色のよう。暖色系の照明の中、目を凝らしてみるともみじおろしが入っているみたいです。ざるの薬味もおろしたわさびのみです。
で・・・・。用意はよろしいでしょうか?蕎麦が来ました!どちらも十割で極細のおそばですこの細さは早く食べなくてはのびてしまいます~!!さらしな蕎麦に次ぐ細さです。
ざるの水は良く切られています。化粧水を良く切るとそば粉本来の香りが分かるのです。挽くのもここでしているといいます。ひとちょぼ、つまんで食べてみる。そばの香りがふわふわ味わえましたよ~。つゆは辛口ずずっとすすりたかったのですが、暗い中写真を2,3度写し直していたらくっ付いてしまいました。
こうならないように皆様、お箸に手を置きお待ちくださいませ(笑)蕎麦湯はとろみのほうではなくスタンダードな蕎麦湯です。つゆと味わうのにこっち派というのも結構聞きますね。素材重視のシンプル派なこの店は神田にあった名店、今は修善寺にある朴念仁のお弟子さんだそうです!「流石!」←お約束?


d0060920_9255339.jpgざるそば・1000円、限定玄挽きそば・1500円、天ざる・2000円、
ひやかけそば・1000円、出汁巻き900円など
03-3567-0012   中央区銀座1-19-12 理研ビルB1F
昼11:30~14:00 日曜・祝日12:00~15:00 売り切れ仕舞
夜17:30~21:30 日曜・祝日17:00~20:30 売り切れ仕舞(月曜休)
[PR]
by noegon8p | 2005-09-01 09:30 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< 銀座 流石の玉子焼き 世田谷に戻ってきました >>