新座 新座鞍馬

d0060920_203532.jpg
西荻窪の名店鞍馬からご主人が暖簾を受け継いで出したのがここ新座。農業を営んでいたご両親の協力のモトに建てたというこの店、広いのです大きいのですよ~。ほらこんな感じで帰り間際にちょいと一服。日向ぼっこしてる方まで。ここ志木街道にはたくさんレストランなどが並んでいますがこの立派な看板に迷わずたどり着くことができましたよ。
d0060920_21047.jpg
まず中に入ると立派な玄関の正面に電気石臼が見えます。そこから女性の方に案内されお座敷へ。
お座敷のみなのですが広い・・・お隣の声も席も気にならないほどスペースを大きく取ってあります。
なんとここ厨房が建物の半分もあるんですって。それは1人で切り盛りできる席数を限定して居るから、なんだそうですよ~。



d0060920_2153147.jpg
天ざると変わりそばの二色天そば?です。今日の変わりそばは茶蕎麦でした。つるつるっと喉を通ります。天ぷらは歯ごたえの軽い衣で大きな海老がおいででございますよ。
d0060920_2231592.jpg
鞍馬で修行を積み開店前は翁にも通って修行をしたそうです。ここは本店と同じように9割蕎麦、という話しと二八で打っているという話と、十割ですというネットでの情報でどちらかは不明なそば箸、ぜひ今度たずねてみようと思います。食べた感じは十割そばでしたが。
つゆは甘み少な目のきりっとした出汁のきいたつゆでどうぞめしあがれ~。
作り手の仕事次第で物は違ってくるというポリシーで茨城の農家と契約しているそうで、その繊細なお蕎麦にもああ~これは常陸の蕎麦だという香りを感じました。

ざるもり 800円 、かけそば 900円 、田舎 800円、 山かけそば 1450円 、さらしな 900円
鴨南そば 1600円 、とろろそば 1300円 、天ぷらそば 1750円、鴨ざる 1,450円 、天ざる 1,750円

048-479-0055
埼玉県新座市あたご2-2-34
11:30~16:00水曜日休(祝日は営業)
[PR]
by noegon8p | 2006-02-09 02:43 | 旅の蕎麦から


<< 幡ヶ谷 濱の -hamano- 渋谷 福田屋の玉子焼き >>