新春!春の七草そばがき☆

d0060920_1334375.jpg
台所で七草を広げる。七草とはせり・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・コオニタビラコ・スズナ・スズシロ。
しおりには「古く中国より伝わり、七日の未明七草ばやしを歌いながら包丁で拍子をとり、
かゆに作って神にそなえ、家人も食べて、一年の無病息災のまじないとした。」と、ある。

山師の話によれば「山に行って虫に刺されたりすると、七つ違う草を取って揉み、それを痛いところにあてるといい。」
「草は七つ集まるとお互いの毒素を取り除く効果がある。」という。
「科学的に証明された話ではないが昔から伝えられる応急処置」なのだそう。
七草伝説とどこか繋がっている気がしませんか?今日は七草を使ってみようと思います。



d0060920_1359874.jpg
七草を七草ばやしを歌い拍子をとりながら細かく切ります。(はやしは自作でお願いします)
大根は先に茹でやわらかくなった頃に葉たちをさっとゆでます。
一度水にさらして、火にかける前のそばがきと合わせます。
火にかけそばがきになったらお花の形にゆでた大根の上に盛ってできあがり~
手を合わせたら歌人も頂きます!
はい、春の七草そばがきは140kcal

つけあわせは、めかぶ茶碗むし卵1個分のたっぷりサイズでもめかぶ1パック14kcalのため
150kcal!カロリー1稼ぎしてお腹一杯ご馳走様!
d0060920_14262548.jpg

[PR]
by noegon8p | 2008-01-06 14:28


<< 箸の知識 蕎麦と一緒に付け合せ >>