山形 蕎麦街道 若佐

もちろん、ここまで来たのです。食べ歩かずして帰れるわけがございません。
名店めぐりにも惹かれますが、今度は通り掛けに新しい手打ちの店を見つけたので寄ってみました。
d0060920_23494672.jpg




d0060920_23504871.jpgここは蕎麦街道の途中にありました。

白の世界の中に暖色のスポットに誘われ入っちゃったんです。
これは心理的なものをつく所がありますねぇ。

入り口にはレトロな形のストーブ。清潔感ある店。周りの山々が窓から覗けます。

他には何も入りそうにないので板そばを。こちらには細・太打ち麺が選べたのですが
山形蕎麦街道といえば太打ちでしょってことでそちらをお願い致しました。

d0060920_2357512.jpg
やはり三点盛りが出てきます。きくらげ、野沢菜、おろしのなめこ和え。それにこの辺りの心付け、おしんこ盛りも。
d0060920_041415.jpg
強い腰の太いお蕎麦。よく繋がっています。(やや丸めですが香りが良かったです)
d0060920_054631.jpg
ほうら、食べた時の歯ごたえが伝わってきませんか~?蕎麦もすごく噛むと甘みがあるのでつゆ単独だと分かりにくいのですが、一緒に食べると、甘みを残した感じのつゆだと感じられます。個性がありますね。
若い感性が入った若佐そば。ここもきっといつか蕎麦街道の店番になるかもしれません。
これからを期待いたします!
蕎麦街道蕎麦めぐり券を見せると半盛りありとかいう企画ができるといいなぁなんて個人的意見。
お腹一杯で男性でもかなりの満足感を得られ、良心的なお値段の蕎麦街道めぐりでした。

板そば(細太共に)800円、鴨南蛮 800円、かいもち(そばがき)900円、にしん400円

すみません、住所調べときます。
後で調べたらなんでも「あらき」と人気を二分する勢いなんだって!
[PR]
by noegon8p | 2008-02-14 00:31 | 旅の蕎麦から


<< 山形市内 萬盛庵 山形・蕎麦街道 三郎兵衛 >>