はじめて蕎麦を打つ

あれは、一年前の話だぁ~!
家のご近所に刃物やさんがあってそこに「蕎麦打ち教えます。」の札を見つけました。
4回材料込みで12,000円だったので蕎麦中毒化した私の足は直行でした。

はじめはのし棒を持たされて、猫手のまま(グーの手)ころころ転がす練習から。
本当に猫みたいになってしまい笑われました。
師匠が二八蕎麦の話を始めました。何?二八そば?生粉打ち?なんだそりゃ?そば師匠が不思議な顔をしています。あ、二八がせいろ、生粉うちが十割なんだ。
しょうがないんですよ~。(汗)だってうちの田舎沖縄じゃ、スーパーにある180円のそばしかないんですから~。そう言うと納得して頂きました。そう、沖縄そばのメッカでは日本蕎麦を口にすることもなく、高いお金を払って食べるものじゃないと勘違いされております。もちろん情報すら耳には入りませんでした。

そう、そして出来上がったそば、自信満々でご近所さんの集まる店へ!
「どうだった?」の声に自慢げに見せびらかし、すし屋のママに初作品を献上しましたよ。
しかし一人が「しっかし、太って~~蕎麦だな~うどんみて~!」とつっこみ。
その場で周りもこらえられず爆笑という洗礼を受けた初回でした。
[PR]
by noegon8p | 2005-05-29 21:06 | 料理練習帳


<< さらしなの里 出し巻き玉子 西新宿 渡邊 -Watanabe >>