2008年3月8日深大寺

d0060920_17475572.jpg
梅の花がちらほらと、深大寺は休日の賑わいを見せていました。
お年寄りやいい大人の方々だけではございませんよ、着物を着た若い女性3人衆から
デパートのマネキンしているようなカップルまで。いいですね、着物姿にはやっぱり♡うっとり。



d0060920_173001.jpg
お花やさんから焼き物を焼いているところ、昔のおもちゃや甘味どころなどが並びます。
やっぱり人でにぎわってると一層楽しい気分になってきます。
蕎麦を脱穀したそばがら。まくらなどいかがでしょうか?1個分で200円。湯気にさそわれる蕎麦まんじゅう100円など。
d0060920_17485782.jpg
深大寺入り口の白梅と赤い梅が咲きほこっていて皆カメラを向けていました。ふと蕎麦まんじゅうや蕎麦パンなど面白いものを見ていたら、フランス人サビンヌさんが作る蕎麦クレープに出会いました。私は黒蜜とカスタード、ご一緒した阪○さんはハムチーズを。
どちらも蕎麦の味が出ていますが、2人のおすすめは温かいクレープかな?300円~400円
一度焼いたものをもう一度パンの上で二度焼するので皮の周りがかりっとして美味しいです!
ではでは植物園でも見てお腹空いたら蕎麦のはしごでもいたしましよう。
[PR]
by noegon8p | 2008-03-09 17:57 | 旅の蕎麦から


<< 深大寺 玉の屋 -tamanoya- 市ヶ谷 生粉打ち亭 -kiko... >>