館山 船初体験

d0060920_123551.jpgゴールデンウィークにヨットクルーズ初体験をしました。
船には何度か乗ったことがあります。一番長いのは中学の修学旅行。
沖縄を出て長崎まで20時間近く乗ります。(ちなみに帰りは飛行機を体験します)
酔った子の背中をさすり、酔ってなかった子も貰い酔いをするとかしないとか。

その辺私は鈍いようで酔ったことはないのですが、もしもを考えて酔い止めの薬を飲みました。
朝6時の事です。電車を降りて立ち上がってびっくりしました。
足元がふらふらして酔っているようなのです。ずっと変な気分でした。
酔い止めって、薬で酔わせる事で乗り物に酔わせないのかも!(笑)
バスの中でもいつも平気で本を読んでいるのに文字がゆらゆらしていました。

1・2人乗りのヨットをディンギーと呼び4人乗り以上をクルーザーという呼び方をするそうですが、この船Hinanoは、風見鶏を見上げると後に倒れてしまいそうな大きなクルーザーです。すご~い!
この日の関東、館山だけ雨を免れたようです。雨女でなくて良かった、ほっ・・・。





船に乗り込むときは外で履いていたものを脱がなくてはいけないんですね~。
それは土足厳禁という意味ではなく、船に地面で履いていたもので上がってはいけないというのがヨット乗りのマナーなんだってこっそり教えてくださいました。もちろん船用の靴にみんな履き替えていましたよ。

そして、服も着替えてライフジャケットを着ます。トイレの使い方や台所のお水の使い方などひとつを取っても、なるほど、ここは陸ではないと実感!私は船が傾いた時の錘をさせていただきました。もう、わくわくです。
d0060920_10222874.jpg
大会の為にスタートの練習です。ブイを選んでタイムを計り、そこを回ります。過ぎてもダメな為タイミングが難しそう。
大きな大きな帆と、前に張った帆をロープで上手く操ってスピードを調節しているのを、目の前で見ると緊張感あります・・・。大きな帆が右から左へ「パンッ」と大きな音をたてて回転する。迫力あります~!「巻いて、もっと早く!移動、頭気をつけて!」なんて掛け合う声も迫力あって素敵。男性に負けじと女性の動きも颯爽としたものです。
かっこいいなぁ~なんて見とれていると傾いちゃう。「ぎゃお~反対側に移動します!」
。タイムを読む声にリズムがつき始めるとなんだか緊張感が生まれてきました。タイミングをとるのにも慣れてきたころ、今日のセーリングはおわり・・・・。
皆さん、hinano、お世話になりました。ぺこ。

皆さんの持ち寄った酒肴もさることながら、「駒場東大の桜」を塩で漬けたという「サクラサク御飯」美味しかった♡
きっと、いいタイムでゴールできることでしょうね~。その辺の気遣いさすがのmanbowさん。いたずら心たっぷりな大人です。
d0060920_11102547.jpg
夕方帰る頃に水揚げされた鯵たっぷり・・・。なめろうが頭をよぎりました。
その隅には卸せないものが山のように捨てられてあります。お魚咥えたドラ猫も追っかけられることのない素晴らしい環境!
これを見たら移住する猫が列をつくること間違いなしですよ!

皆は来週に向けて今日もセーリング・・今頃移動中なのでしょう。
いい風が吹くことを陰ながら祈ってます。怪我もなく皆がHinanoを乗りこなせますように。
[PR]
by noegon8p | 2008-05-17 11:15 | 日々のつぶやき


<< 豪徳寺 あめこや -amekoya- 能登 烏賊のいしり焼き >>