山都の蕎麦粉 鈴木製粉

d0060920_2223440.jpg
山都の田園風景。水面に映る自然は何とも言えず美しいのです。
蕎麦粉一筋の「鈴木製粉」に電話をする。初めての訪問です。



d0060920_22253781.jpg
とてもご親切な対応でここまで案内してくださいました。むこう側、手作業でふるいを掛けているのが2代目。
奥様はひとつひとつの機械とそば粉の良し悪しを丁寧に説明してくださいました。
d0060920_22271472.jpg
甘皮を取ったばかりの丸抜き。
奥様が玄蕎麦を機械に入れて、出てきたものをボウルに取り「もう終わりの頃なんですが、これが山都の原種です」とボウルにて見せてくださいました。
元気なお兄ちゃんのお顔まで写っちゃった・・・ホント平気ですか~?!
d0060920_2233853.jpg
こちらが粗引きです。この季節だといっても、挽いている横ではなんともいえない香りがぷんぷん。
d0060920_2234096.jpg
私は今回2キロを頂いて帰りました。粗引きやロール、ご注文の際にはご要望に沿えるようご対応させていただきますと、さわやかで可愛らしい奥様です。

そして・・・「花はいつ咲きますか?」との質問に
「種をとる目的に植えた畑に丁度今、満開です。ご覧になるのであれば案内いたしますぅ。」と
奥様も車を出してくださいました。
d0060920_2240436.jpg
一面蕎麦の可愛い花が咲いています。
この花はなんと「山都のかほり?または山都のかおり」という新種なのです。
現在改良中でいつ世の中に出るのかはまだまだ分からないそう。
d0060920_22423298.jpg
7月には「雪室蕎麦」冬には「寒晒し蕎麦」もあるんですって!!
「義父が居りましたらもっと上手く説明できるのですが・・・」とおっしゃる奥様、一生懸命で心が伝わります。
その義父の鈴木のご主人はこの辺りのお蕎麦屋さんでも
「偉い方で一心に蕎麦作りやら研究に努力を惜しまなくてね、励んでらっしゃるのよ。」との
ご評判の旦那さんなのです!
d0060920_22465231.jpg
きっとその家業をついで仕事に励んでいたご主人も真面目な方なのでしょうね。
奥様が東京からここへ嫁いできたという話にはびっくり!
思い切りましたね~!でも素敵なご主人とのびのびと育つ子供達がいれば寒さも乗り越えられますよね!
ここにも素敵な2代目ご夫婦発見です。
お見送りしていただきながら鈴木製粉「山都の蕎麦粉」早く打ちたい気持ちで一杯でした。
突然参りましたのに、ご親切にありがとうございました。。
[PR]
by noegon8p | 2008-06-24 22:55 | 料理練習帳


<< 会津若松 漆器体験 鈴善 山都 萬長 >>