会津板下 泉川酒造

d0060920_6341324.jpg
板下の町は高さが一定に並んでいて空と近いようなイメージがあります。
会津坂下には3回も来ています。もしかしたら柳津のかわちにいただいた「板下のお酒ですよ」というのも泉川酒造だったのかなぁ。
日本酒をあまり知らなかったわたしはその銘柄を覚えていませんが
今年から「日本酒の味をしめて」しまったのです。
漆器体験までまだ1時間あまりがある・・・帰りに寄ろうとおもったけど今行こう!山都を下り15分20分。



d0060920_641162.jpg
   おもむきの泉川酒造。後にも隣にも蔵がある。
d0060920_6415319.jpg
味のある古いふるい建物ですが硝子が透き通りゆがみもいい。本当に一点のくもりも無い硝子。
そんなところに会津の人らしさが出ている。
d0060920_6443319.jpg
近づいてみる。「飛露喜」は売り切れですとある。
「電話したものです。」と声をかけるとお母様が出てらした。こちらの蔵は見学はさせていません。お話だけでも・・・・と思い少しお声をかけたのでした。
「発送などもこちらではしていないんですよ。」・・・それでいい!!と思ってしまった。
小山商店より、東京発で爆発した話は有名です。
この旨いお酒を私のような者が東京に居て簡単に手に入るようではいか~~ん!のではないのかなぁ。
そうお酒を買って帰るならご近所のお酒やさんで。こちらではいろいろ試飲もさせてくださる。
d0060920_6524293.jpg
ここは
ぜひ会津坂下に足を伸ばしたなら寄って頂きたいお酒やさんです。泉川酒造の4・5件向い隣にございます。
d0060920_653753.jpg
「お酒に詳しいわけではないので教えてくださぁ~い!」そういうと
楽しいご主人がお酒の好みと説明をしながら「これ飲んで見てください」と試飲させてくださいます。
「これは酒になる前」と飲ませていただいたものは「甘みの中にほんのりと渋みや酸味がある~なんですかこれ~~!!!」
大喜びのそば箸にご主人また「これ知ってるかな?」と教えてくださいます。
しかし買ったのは4号瓶1本。それに今から何処行く?と冷蔵庫までの心配をしてくださり
一升の箱にペットボルに水を入れ氷にしたものを入れてくださる。
ホテルについて飲む時には「さすが♪」と思ってしまいました。
新聞紙につつんで林檎網に包んで氷と友に入ってます。いい仕事をするのですよね~。

もちろん翌日帰る前に行き「宅配」していただきました。ご主人ありがとうございます!(^▽^)
[PR]
by noegon8p | 2008-06-27 06:53 | 料理練習帳


<< 喜多方 小原酒造 蔵粋 山都 蕎邑 -kyoumura- >>