九段下 九段一茶庵 -kudannissaan-

d0060920_162511.jpg大人が粋に一杯飲むところ。その雰囲気はいたるところからにじみ出てきます。
お仕事で二度ほど蕎麦会席をいただきましたが、とても美味しかったです。二度目に行ったとき、顔と飲み物を憶えていてくださったのには、びっくりしました。お料理にそば、店員さんのサービスでここの評判は消して落ちることがないんですね。ここに似合う大人になりたいと思わせる店です!写真が小さく加工したものしかないのが残念。




d0060920_1642930.jpg九段下の一茶庵の前にはよくハイヤーが停まっていて
偉い方々たちが、ここで一杯なんてやっています。
いつも汚い格好の私もここに来るときは小奇麗にして行きます。
テーブル6卓だったか?、二卓だけお座敷もあり。
さっそく玉子焼きとなす田楽を注文しました。
玉子焼きはふんわりだしがきいていて、おいしい。
なす田楽も、味がしっかりしていておつまみとしてはぴったり。
明日が早くなければお酒というところ。
肴も充実していてまわりの席にもアルコールがならんでいました。


合鴨の鉄板焼きがきました!この店でファンが多い一品です。
じわじわと音をたてて鴨が煮詰められていきます。
これはもう、言葉をなくします絶品です。
なんというやわらかさ、ジューシーさ加減、この出汁!!
テーブルに置いてある山椒を軽く振りまき、いただきます。


季節もので、きのこそばがありました。
ゆずと三つ葉が甘汁の香りを引き立たせてます。
濃厚にだしがきいていて、きのこと田舎そばとぴったり合ってます。
う~ん、美味しかったです。


細めで角のきりっと立ったせいろと太めでこしのある田舎
写真、うっかり田舎のほうを食べてしまいましたが、(^^ヾ
出汁のきいた辛口のつゆが鼻と舌を刺激します。
全体的に上品な感じがするんですね。

ここは5000円より予算にあった会席を予約することができます。
もちろんお蕎麦だけでもぜんぜん平気です。
夜は込み合うので電話してから出たほうが良いかも。


せいろ900円、田舎せいろ1000円、五色せいろ1800円、おろしそば1100円
鴨南蛮(温)鴨せいろ(冷)1500円、そば燒き味噌500円、たまごやき800円、合鴨の陶板燒き1800円

03-3239-0889
東京都千代田区神田神保町3-6-6 九段アビタシオン1F
11:00~20:30,11:30~19:00(土日祝)(年中無休)

天ぷら盛り合わせ2250円
[PR]
by noegon8p | 2005-06-04 16:39 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< 公望荘の玉子焼き 銀座 名月庵田中屋の玉子焼き >>