二宮 オリベ -Oribe-

d0060920_0201944.jpg
二宮歩くこと30分?はたまた1時間?aricoさんがすごいのっては話しながらも時計も見てます。
はじめての二宮の町、蕎麦屋を探しながらの旅です。
ケモノミチがあったり近道狙いで人ン家に紛れ込んだり、うふふ!楽しい。
川を覗くと野性の鯉だらけ!なにあれ?蛇が泳いでるのも発見・・・・。
何度か地元の方に尋ねながらもたどり着きました!二宮の有名手打ち蕎麦「オリベ」だって!



あった!あった!たどりついたぁ!山の中で秘境を見つけたかのような気分。
オリベってカタカナの店なんだぁ。知らなかったもぐり君です。
d0060920_022247.jpg
入るとうち場とキッチンがオープンでクリア!清潔感溢れる店です。中の水槽ではブラックタイガーが元気に泳いでます!
d0060920_0232346.jpg
私は天・田舎そばを頼みました。
そば粉はなんですかと聞いてみる。私の座っている頭の部分の張り紙に手を指し、「福井産でございます」
あはは、ごめんなすって~。聞いている本人の頭の上に漫画の吹き出しのように書いてある。
自分の馬鹿っぽい図を想像するとぷぷぷ・・・可笑しな人だなぁ。
d0060920_029185.jpg
活きもよく飛び跳ね泳いでる海老ちゃんです。
普通に旨いけど頭とひげ・足を団子のように丸めて揚げたものがなんとも言えず珍味!ブラボ~!素晴らしい!
ごめんねaricoさん・・・・独りで食べちゃったけど、走る手を止められなかったの。
d0060920_0324017.jpg
これも素晴らしい。蕎麦の甘皮もたっぷり。
おからと香りのいい椎茸で、これだけでも10個は食べれそう!素朴な材料なのに後をひく味。
d0060920_0354341.jpg
これがせいろ。甘みと香りを残していて、さすがの福井産。今注目のいい蕎麦粉ですね~!
d0060920_0365025.jpg
いなかの面はこんな感じ。お箸の三分の一くらいの太さかな?
d0060920_038115.jpg
せいろのアップ。つゆも醤油を感じさせない濃厚な出汁。好みでした。

こちらには資料があって覗いてみるとご主人の料理は
和食からお弁当まで色々と雑誌に取り上げられています。もともと和食で有名なんですね。
腕は台所の隅々に現われている気がしました。美味しかった、いいお蕎麦にいいお料理です。
[PR]
by noegon8p | 2008-08-19 00:42 | 旅の蕎麦から


<< 新松田 あしがら翁 -ashi... 青春18切符のススメ >>