岩手後半 三陸海岸

地水庵の蕎麦にありつき、満足したのでレンタカーを返し、盛岡へ移動、
そこから2時間、単線ディーゼル列車で三陸海岸に向いました。車両も1個でかわいい。
しかし、良く降るけど、運は少しもどってきたよね。蕎麦粉10キロもらったし、蕎麦食べたし。

し・か・し
①宮古に着いたらフリーキップを落としたことに気づく。あれで帰りの新幹線もはいってるのに!
 盛岡のホームです!と場所まで話したのに見つかりません、買いなおして下さいと言われる。
 領収書もあるし、お願いしますと再発行の了解を得るまでに30分。
 旅館の運転手さん、運転に少しイライラが出ていて怖かった。

②二度これるとは思えないためここではいい思いをしようと、
 いい料理がつき、浄土が浜が見えるいい部屋を取ったのに、8時半に着いたので見えず。
 翌日も天気が悪く視界も悪く、「もや」った景色をながめた。
 料理もほいほい出されて、せかされ、最後のお茶に手をかけた時
 「ふとんはどうしましょう?」・・・見事お風呂に追いやられ、堪能できず。

③翌日の船、大シケで前日は出なかったがこの日は出た。右に左に脳がゆれて景色にも船にも酔ってしまった。
[PR]
by noegon8p | 2008-08-30 18:38 | 日々のつぶやき


<< 三陸海岸 浄土が浜 岩手産 蕎麦粉 >>