羽咋 名勝平家庭園

d0060920_2240264.jpg
平家へいけとは読まない。
一見の価値があるという見事な日本庭園を見に寄ってみた。
「今から約800年前(寿永年間)、倶利伽羅峠の合戦で木曽義仲に敗れた平維盛の重臣だった平式部太夫がこの地に居を構えた。」そうな。



d0060920_2243213.jpg
500円の見学料を払う。するとまず1の庭に案内されます。
素敵・・・日本庭園のノウハウがない私でもうっとり。するとどこかの博物館のようなアナウンスがはじまります。
d0060920_22491178.jpg
次に2の庭が見える居間に通していただけます。
江戸中期の女性のクローゼット兼化粧室があったりとなるほど・・・・です。
平式部太夫は天領大庄屋として徳川幕府の天領地13カ村を支配したそうです。
この古い建物は実際の当時のまま、地震にも倒れることなく無事でした。
d0060920_22573242.jpg
幕府から言い渡された証。印鑑は当時、朱肉でなかったことが判る。
d0060920_22594856.jpg
もう一度腰を据えてみる。藻も青々と美しいものですね。
d0060920_2311681.jpg

[PR]
by noegon8p | 2008-09-13 23:01 | 日々のつぶやき


<< 乙女寿司 能登 キリコ(切籠)写真 >>