11月 いわて写真館 「花巻の父」へ会いに

d0060920_1613519.jpg
朝。部屋のベランダから見える朝焼けが美しかった~。真ん中左のとんがりは横浜ランドマークタワーと観覧車。
三連休の土曜日。私は岩手に向って出発しました。

わんこそばで有名な花巻に、たったひとりの蕎麦農家がいらっしゃいます。それを探し出して会いに行ったのは8月でした。

高橋好さんといって(今回公開していいとお許しを頂きました)農協を勤めあげた方です。
5年前にわんこそばのイベントをしたときに「どこの蕎麦粉ですか?」と聞かれたことから
いわて早生(いわてはせ)在来種を取り寄せ、蕎麦栽培を1から研究したそうです。
そして2件で始めた蕎麦農家も収入にはならないと今は高橋さん1件。

私は初めて聞いたときに、収入ではなく花巻の誇りの為に続けている高橋さんから
天日干し蕎麦を分けていただくだけでなくて、蕎麦農家を続けていただく為にはもっとニーズがあればいいんだと思いました。
東京に帰って夢八さんに花巻産をもっと世間に出したいと話してみたところ、
聞いてみたらという蕎麦屋さんを教えて頂いたのがこの蕎麦粉騒ぎの始まりなのです。



d0060920_16334753.jpg
朝、首都高が混んでいて少し不安でしたが、外の景色に目をやると富士さんが!
止まってるからいいよね、ぱしゃり。結局混んでるのは首都高だけでよかった。
d0060920_16362655.jpg
しかも北上ICから雪かと心配していましたがそれもクリア。良かった。
これは美しい岩手山です。見てると心もおおらかな気持ちになりますねぇ。黒い玄が混じっていたかと思った方はこちらの写真を3秒眺めてみてくださいね。おほほ
d0060920_16391749.jpg
畑は稲もはとむぎも、蕎麦もきれいに片付いていますね。干したもみがらだけが残ります。
この前着たときは目が冴えるような美しい緑でした。冷たくなってもやっぱり空気が美味しい!
d0060920_16415259.jpg
「うちは私が一番いいと思って水分率17パーセントにしてるんだけどそれが美味しいと言ってもらえると嬉しいなぁ」・・・。
高橋さんとのお話は盛り上がり、夢も色々広がりました。
農協と行政を動かしてもっと蕎麦栽培に力を入れてもらえると助かるとの高橋さんの話に
夢八さんなどのブログやそばんちさんのブログをプリントして、農政課と農協に送ってみます
というお話になりました。
そして3月には花巻の農家の皆さんを東京のお蕎麦屋さんをご案内することに。わくわくしますね♡

これでもっともっと美味しいお蕎麦作りに専念していただいて、私も保存を工夫して
いいお蕎麦にして 蕎麦屋さんにも食べる方にも喜んでもらえるといいなぁ~。

                                        by花巻蕎麦推進委員会会員
[PR]
by noegon8p | 2008-11-29 17:14 | 日々のつぶやき


<< 鉛温泉 藤三旅館 特別室 花巻蕎麦 人気店に。 >>