桜新町 しんとみ -shintomi-

d0060920_10463976.jpg
桜新町の美味しいお蕎麦屋さんとして人気のしんとみ。
日曜日の用賀、手打ち蕎麦が食べたいと思いついて「しんとみ」に向います。
でも向った時は12時半を超えていて、しんとみのランチは2:00までなので慌てて向いました。
店の写真を撮るのも忘れて飛び込みました。あ・日曜だから混んでない。良かったぁ。
でもお客さんが引いた後で申し訳なかったです。
私たちは天せいろと単品でほたてを注文しました。この日も携帯・・・。



d0060920_10481332.jpg
ランチタイムですから、あっという間にカウンターに運ばれてきました。本日のお魚の中から帆立を注文。
「いかが致しますか?さしみ、天ぷら、焼きもできますが・・・・」とのお言葉にお刺身を選んだのでした。
帆立は甘~く、天ぷらは薄くてふわっとした衣です。ここの夜はお料理も期待できそうですよね。

そしてしんとみではランチに炊き込みご飯がついてくるようで、今日は「牡蠣込み(?)ご飯」でした。
そしてこの牡蠣のご飯が美味しいかった♡
前の職人さんに話しかけてみる。「新橋でお蕎麦の修行をした」らしいことを伺いました。
d0060920_10482689.jpg
お蕎麦は中細なお蕎麦です。ふわっと香りを残した、しなやかでモチモチ感もあるお蕎麦でした。
つゆは生返しなのかしら?独特なつゆでした。
お手洗やインテリアの飾りなど見ているとセンスがとても女性らしい。全てしんとみの女将さんが選んでるんですって。
私がちりめんで作ったロングドレス(私が作ったのではないです、おほほ)に黒の丹前、
パールのネックレスに足袋姿という変わった格好をしているのもですから
「素敵な着物ドレスねぇ。」と隣に来てくださいました。「夕方からウェディングパーティがあるんです」と申し上げると
「リフォームなの?見せてくださる?」と服のパターンなどに興味をお持ちです。
女将さんのベストも実は着物のリフォームで手作りでした。「やだ、もっと他のもお持ちです?」
今度来たら違うのも見せてくださいね、私も着物か着物ドレスで参りますからとお約束。

夜のお料理も少しきになりますし、またお休みの夕方にでも行こうかと思いました。
紹介グルメの口コミは
「手の込んだ小料理とおいしいおそばを食べてなんと一人3750円でした」とありました。


しんとみ
住所:東京都世田谷区用賀3-5-11
電話:03-3700-8282
営業:昼12:00~14:00 夜18:00~22:00 火曜定休
[PR]
by noegon8p | 2008-12-06 10:48 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< 下北沢 七つ海堂 -nanas... もみじ狩り >>