須田町 眠庵 -Nemurian-

d0060920_7453544.jpg
須田町、秋葉から万世を横目に眠庵にむかいました。眠庵の入り口・・・。
なぜかいつもこの入り口を見ると「江戸川乱歩」の小説を回想してしまいます。
この日はドアに手をさしかけたところで大きな振動と音が聞こえます。2階でしょうか?
きっと蕎麦を打っている音に違いないです。たいがいの店は硝子の中であまり響かないから
あらためてここで聞いてみると蕎麦打ちは賑やかなリズムですね。



d0060920_759842.jpg
ちなみに中の雰囲気もいい。円月殺法?使わせていただきました。
この店って建て替えが出来ないんだって聞きました。入り口が狭いから消防法なんですね。
細道とこの雰囲気、男性ならきっと皆好きですね。
私も子供の頃はおにいちゃん達に付いて回りましたから好きでした、秘密基地。
d0060920_844433.jpg
これ食べるとお酒が欲しくなります、牛肉のバーボン煮。大根にはしっかり味がついていてちびりちびりといけます。
d0060920_87360.jpg
茗荷味噌。これがまた良く漬かっていてかじりながら、お酒がイケル!カニ味噌もオイシ。
d0060920_885091.jpg
眠庵さんってメニューにも静岡の特産は多いですねぇ。静岡といえば三大鰹の名産地ですしひものが旨い!山葵の王道で水といえば名水の宝庫。私は黒はんぺん、これに目が無くて。
いいですねぇ静岡・・・私も10代のとき夏休みの留学いたしましたです(笑)
d0060920_8295128.jpg
烏賊丸干し。これもひとかじりにお酒がいけるもの。塩にも味わいがありますね。
塩がかもだし出す味わいというか、味噌の糀だったり甘みだったり。
魯山人の「北国の人の塩鮭へのこだわり」を本で読んだことがあります。


塩気が気になる方は最後にバナナを取るとカリウムがいらない塩分を出してくれます。
キムチだって白菜にカリウムがたっぷり含まれているから安心なんですって。
d0060920_849364.jpg
そばがきを頼んだら、ご主人が目の前の石臼で挽いてくださいました。
一瞬、近所にあった綿飴の機械を思い出しちゃった。お願いしてから挽いていただくとわくわくしますね。
もちろん挽きたての香りはそばがきに反映されてました!うきき♡
d0060920_8553881.jpg
また2色を共に並べてみました。食べてみるとどちらも甲乙つけられなかったです。
全国の蕎麦のちがいを研究してデーターを出すご主人は理系のお蕎麦やさんだなぁ。
オープン当初から花まきさんや夢八さんのブログに出てきて何種もの蕎麦の食べ比べをする会の感想を楽しく読ませて頂いてました。
2色でなく種類で食べさせる店の走りじゃないかしら?!
蕎麦職人同士の対談の記事を見たとき、蕎麦を分析して確立していくような力を感じました。

今日は2回目の眠庵に満足。美味しかった~♪

電話: 03-3251-5300
住所: 東京都千代田区神田須田町1-16-4
営業: 月・水・金 17:30~21:00 火・木・土 12:00~14:00/17:30~21:00
定休: 日曜・祝日 蕎麦の旅に出るとお休み♪
[PR]
by noegon8p | 2008-12-14 09:21 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< 根津 よし房凛 -yoshib... 三軒茶屋 玄そば 東風 -ko... >>