根津 よし房凛 -yoshibow rin-

d0060920_14432152.jpg
この日は仕事の話をする前に・・・と、根津のよし房にて食事にいたりました。
今水曜の根津は朝日のドラマ撮影で人ごみの山です。
女将さんに「うどんやで撮影ですか?」と聞いたら「うどん屋さんは楽屋に使われるのよ」と教えてくださいました。



d0060920_144559100.jpg
おすすめ日本酒の一刻(いっとき)、飲みなさいと何度も勧めるので一杯だけ頂きます。
水菜と干し帆立の和え物を私だけでなく、お茶を頂いている社長にも出してくださいました。
こういうところ、気が利いていてニクイです。ありがとうございました~。
一刻はとろっとしてにごりなのにすっきりとしていました。
d0060920_144465.jpg
やっぱり「よし房・彩りん」ですよねぇ。黄色の玉子にししとう、雪のようなおろしはよし房の玉子焼きです。
一目見てわかりますよねぇ。面白いものですね。
d0060920_14442438.jpg
まぁ、酒だ宴会だとはいかないけど忘年会気分は味わってよ。と言われ
それであんなにお酒を進めたんですねぇと理由がわかりました。これは揚げそばがき。
そう、このカリッと揚がった蓮根もよし房凛このメニューのトレードマークみたいなものですね。からっふんわり・・・出汁がまたいいですねぇ。
d0060920_14445032.jpg
こちら鴨!鴨が好きな方も野菜が好きな方も・・・どちらも負けず主張しています。
ん~。やわらかくて美味しかったです。
d0060920_14462883.jpg
これは「地蔵」。なんだろう?って会話になりました。「地蔵だからきっとお団子が入っているんじゃないですか?」
聞いてみたけど「油揚げにねぎが乗っています。」とおっしゃる。
ただどうして油揚げなのかということには首をかしげてらっしゃる。
お地蔵様と油揚げ お地蔵様と蕎麦 これにまつわる話はたくさんありますよねぇ。

①蕎麦食い地蔵が蕎麦屋に通っている時に「狐じゃないか」と疑われたことに関係する。
②木曽に葱と油揚げをなべにかけてそれに蕎麦を入れて食べると習慣がある。
③お噺にある「蕎麦稲荷」から来ている。

地蔵様と蕎麦 蕎麦と油揚げにはたどり着いてもどうも、お地蔵様と蕎麦と油揚げは確信が無い。
①のお地蔵様が食べに来たのもてんぷら蕎麦だし、③噺でもお地蔵様の使いの狐が食べに来たのも天麩羅蕎麦。
天麩羅蕎麦はもともと天麩羅蕎麦だから、狐(油揚げ)と蕎麦で「地蔵」となったのかしら・・・。
この課題はまだまだ続きそうです。

電話: 03-3823-8454
住所:東京都文京区根津2-36-1
営業: 土曜平日 11:00~15:00/17:30~21:00 日曜 11:00~15:00  (火曜休)
[PR]
by noegon8p | 2008-12-14 14:46 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< 松蔭神社 石はら -ishih... 須田町 眠庵 -Nemurian- >>