正月料理のまとめ

d0060920_11361872.jpg

これは、あるおすし屋さんに頼んだもの。
家には手作りがあったためあわてて詰め込んでそのおすし屋さんを紹介した友人宅で食べました。

① 鮑料理はのしの意味で大変縁起を呼び込む。
② するめ烏賊は寿を呼び込む女(ひと)の意味。
③ 海老は「腰が曲がるまで長生きする」不老長寿料理です。
④ 蛤の貝殻は同じ蛤でも必ず合うことは無いため夫婦円満の祝貝。
⑤ 鱧は魚のなかでも特に生命力が強いので良しとされます。
⑥ すじこ、数の子が使われるのは「子宝を授かる」の意味
⑦ くりきんとんの黄色は黄金の意味で、お金と福を呼び込む。
⑧ 黒豆は豆(まじめ)に暮らせるようにという意味
⑨ 昆布巻き 昆布は喜ぶ、巻きは「結び」
⑩ 里芋・沢山できることから「子宝」
⑪ れんこん 穴からの見通しが良い為、未来もそうなるという縁起があります。
⑫ 田作り・いわし 昔は肥料に使われたため、面白いけど豊作を祈るものです。
⑬ 伊達巻の模様は巻物に似ていることから教養や文化を表わす物だそう。
⑭ くわいの大きな芽が「芽が出る」「芽出たい」ということから「出世」のいわれが。
⑮ とこぶしの別名はフクダメであることから「福貯め」いいですねぇ。
⑯ たたき牛蒡は豊作の時に飛んでくる黒い瑞鳥を連想させる事からきているそう。
⑰ きんぴら 浄瑠璃の坂田金平武勇伝から来た強さと丈夫さを願ったもの。
⑱ 八つ頭には「子孫繁栄」と「末広がり」といういわれがあります。
⑲ 鰻は「鰻上り」で出世を願います。
⑳ 紅白なますは紅白より平和を願う縁起物。

祈願するということは大切な事ですよねぇ。
大切な人を思う、そのために努力する・・・ん~ぜったい、祈りは心と体に届くはずですね。
[PR]
by noegon8p | 2009-01-12 12:22 | 料理練習帳


<< 焼きもの 第一弾 壷屋焼き 帰郷写真集 >>