築地 さらしなの里 -SarasinanoSato-

d0060920_14443652.jpg北海道石狩産のキタワセ蕎麦を使って打っている店。
ここの三代目店主は虎ノ門砂場で修行した方だと伺っています。正確には初代店主が修行していたのは更科堀井。その暖簾わけをして神楽坂で店をしていたんだって。もともとは神楽坂更科を名乗っていたそう。
もちろん三代目も修行後に一度、本家更科堀井でも勉強をしたんだそうですよ。
d0060920_14533613.jpg
店内は1階と2階があり、下には4つ机があり、
二階はテーブル2つにお座席が4つほどありましたここは天ぷらが美味しいとのネット情報だったのでさっそくいくつか天ぷらを注文しました。築地に店があるっていいことですね~。新鮮な海の幸が味わえました。 花を咲かせていない薄~い生地のさくっとした天ぷらでした。



d0060920_14553351.jpg





今月の変わりそばはヨモギだったので、ちょっとドキドキしながら注文をしました。(苦いのかなぁ??)




写真は左から順にさらしな、よもぎ、せいろです。まずせいろ、うん良いお仕事なさってますわね~ぇ(手をパタパタ)細くてのど越しが良くしかも締まったおそばでした~。
そして問題のよもぎ。蕎麦の甘さをしっかり感じながらもヨモギの香りとエキスを感じます。ぜ~んぜん苦くなんてありません。あんこが欲しくなる香りで食欲がすすみます。不思議~
そして、せいろ。これがまた細めです。細いのにこれまた締まったお蕎麦。ここはつゆは甘めなので私はたっぷりと蕎麦につけて食べているとつゆが足りなくなってお代わりをいただきましたワン。なんでしょう、軽やかに天ぷらも蕎麦も食道を流れていきましたよ。
d0060920_15133210.jpg

d0060920_15313959.jpgうんちくここの初代じいさま(大正時代)が左の方。頭に40人前以上を乗せて自転車で配達するとお江戸じゃ名をとどろかせる人だったのだぁ。北野たけしのTVタックルなるものかで「運ぶ」ってテーマで出てた。
手打ちそば840円、更科・生粉打ち730円、変わりそば840円
天ぷらは1365~1575円、玉子焼き550円など
03-3541-7343
東京都中央区築地2-2-7
11:30~20:30 (土11:30~14:30) (日祝休)
[PR]
by noegon8p | 2005-06-11 15:45 | 都内蕎麦屋さんめぐり


<< テントウムシ 銀座 いけたに -iketani- >>