2005年 08月 10日 ( 1 )

-7キロになってました

d0060920_2514383.jpgここに来てからは隣の畑のお野菜など、食料には困らなくなってしまいましたぞ。んで、塩鯖やらトマトやらを頂いた後のメニューです。そば箸は一度何かを作ると二食分はあります。蕎麦なんかは500gで2,3日。まず一食目は鯖切り身半分に大根おろしで。師匠が置いていったねぎを炒めて~トマト角切りも入れて、つゆで味付け、少しお酢を。(つゆって甘みもありだしも入っていて万能調味料だったりしますね)んでバジルとローリエの切れ端で香り付け。
鯖の半分はそれをかけて食べました。すると次はトマトソースが残ってしまいました。だから、煮詰めてお塩を少々。じゃがとさや豆を塩茹でにしてそれをかけて次の食事にします。
蕎麦と肴で十分なお食事になりますです。ここに来てから野菜のパック容器のゴミがでなくなりましたよ(笑)

それはそうと、フレッシュフーズ ママさん号というペパーミントカラーのバスが2日起きに現れて、道路の角に止まります。すると「ピーピロピーピロ♪」音楽を鳴らしてしばらく停まっています。ご近所さんがそのバスに入っていきます。普通お弁当なら横の面や後ろの面が開きますよね。バスに上がってって選ぶだけにメニューが気になっていた私も吸い込まれて行きましたよ~。

いざ潜入~!階段を上がると、ん?野菜やらフルーツ、調味料やらが並んでいる。後ろの面には冷凍、冷蔵庫。冷凍食品やらお豆腐やら。ママさん号は移動スーパーだったのだぁ。この辺りにはお店が一軒だけ。それは酒屋さんで、パン、ラーメン、お菓子、洗剤などがある。でも興津まで行かないとフルーツやら野菜やらお豆腐などは手に入らない。
確かに!! 新鮮食品 ママさん号、役に立つバスだった!
買い物袋に豆腐とジャガイモを詰めて、近所のおばちゃんと「解散!」(小泉さん調)
[PR]
by noegon8p | 2005-08-10 03:43