2005年 08月 12日 ( 1 )

蕎麦と、ところてん

d0060920_11372535.jpg
隣のおばちゃんが、朝籠を背中にしょってカマをもって前を横切っていきます。昼はタオルを頭にかけてなにかを干しています。午後になると海女さんの格好で前を横切っていきます。夕方は前掛け姿で前を通ります。
そして今日はおばさんがこっちに向かって歩いてくる。。。ん?なんか持ってきた。。。
あり?ところてん。なんでもこの間海から取ってきたもの。んで昼になると干していたものの正体だったです!え?ところてんって粉からできるんじゃなかったの?って事で天草なるものを撮ってきました。天草は保存用に乾燥させておきます。そして食べたい時には何度か白くなるまで水を替えます。色素が抜けてくんですね~面白い海草です。

白くなったらとろっと煮て冷ますと、透明なところてん!!
しかし、そばをずるっとして、ところてんずるっとして蕎麦ずるっとして・・・どっちがメインかわからなくなりました。
d0060920_17575123.jpg
かもめの女将さんが梅をつけてるのを見つけたので分けていただき梅豆腐で。豆乳が濃いのか勝浦の豆腐はけっこうしっかりした固さで島どうふに似ています。
d0060920_18101544.jpg
隣の畑のminiトマトは甘酢漬けにして。持ってきたホタテ缶と大根の短冊切りを酢とマヨで甘酢和えにしてみましたが、センスのない盛り付けに終わりました。
[PR]
by noegon8p | 2005-08-12 18:00