2005年 10月 18日 ( 5 )

新そば入りました

え~新そば入荷したものの、今度は打つ時間がなかったりしてました。
日曜日風邪をひいていたのですが、布団におとなしくしてられません。
疲れてはいけないと時間稼ぎにコネ鉢を床に置いて、あぐらをかいて捏ねました。
するとどうでしょう?新そばよ、新そば!ほんのり緑がかっているではないですか!
水回しをした瞬間鼻をくすぐるこの香り~!すっかり秋ですね~(季節感も蕎麦から)
一枚きりっと冷やして食べました。手も熱っぽいというのになぜだかこしもあって美味しい!
残念なのはしばらく蕎麦打ち離れしたせいで、つゆを作ってなくて市販のだし。
でもでも、繋がりも良くってほんとに新そばサマ様でした。
・・・で、翌日の朝氷が切れたため、お水でしめただけの蕎麦になったのですが・・・
冷水だと一層こしが引き立つのですが、少し冷たくなっただけの水だと、打ちたてより
香りがぷんぷんするのです!氷水ほどこしはなくとも、これイケマス。
また、一枚食してしまったせいで中毒症状が悪化です。これからそば生活再開しそう。
皆様、秋ですよ~!ぜひとも蕎麦屋に参りましょうとも!(節約して私も行きます!)
d0060920_23355698.jpg

[PR]
by noegon8p | 2005-10-18 23:35 | 日々のつぶやき

大森 布恒更科2 -NunotsuneSarasina-

写真追加分です。このお蕎麦と肴、それからそばあんかけのすばらしさ・・・思い出しちゃいました。
お店のデータはこちらから 布恒更科
d0060920_212750100.jpg


More
[PR]
by noegon8p | 2005-10-18 21:28 | 都内蕎麦屋さんめぐり

大森 布恒更科の玉子焼き

d0060920_2115376.jpg
布恒更科の玉子焼きはテーブルに置いた瞬間にプルプルいいます。
味加減といい、これも好みです。も~ぉ(;。;mたまりません!

[PR]
by noegon8p | 2005-10-18 21:19 | 玉子焼き写真館

虎ノ門 砂場 -sunaba-

私、ココ虎ノ門砂場の前の通りを初めて通った時には「何?あれは何?何なのぉ~???」と大騒ぎをしたものでございます。
ここは玉子焼きでも一目置かれる虎ノ門砂場でございます。
大家族である昔は運動会と言えばお父さんからおじいちゃんまで合わせると
にぎやかだったものですよね~そんな時頑張ったごほうびといえば今も昔もお弁当。
そのお弁当にここの玉子焼きを買ってきて入れてくれたという話も聞きます。
↑ 暁庵 田中屋店主コメントより・・
d0060920_20184451.jpg
こちら家康さまと共に上り、いえ下り(ど・どっち~?)ましたそうでして、大阪屋砂場というのが正式な
店名だそうで、建物の横には小さな「大阪屋」という看板が残っているわけなのです。
この町にこの建物はほんと目立ちますわぁ~~。明治に麹町から独立、大正時代に建てられたものらしいですぞ。そして客層はやはり虎ノ門周辺の上司と部下などサラリーマンが仕事の会話をしながらそばをすすっておりました。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-10-18 20:55 | 都内蕎麦屋さんめぐり

森下 京金 -kyoukin-

やって参りました。下町深町森下と言えば一世紀をまたぐ江戸っ子そばを提供する「京金」です。
駅からすぐの、駅を上がった交差点すぐに情緒あふれるたたずまいです。
d0060920_19275197.jpg

夜の清洲通り、のれんをくぐるとスリッパが出てきます。席に案内され回りを見回すと
ジモティらしき方々の憩いの場だったりします。おじいちゃんから孫までがご一緒だったり
ご夫婦らしき方々、冠婚葬祭帰りのご近所ぐるみ。なんとなくうっとり・・・。
タバコの香りは蕎麦を味わう時繊細な香りが分からなくなる為、ご協力・ご遠慮願いますという張り紙。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-10-18 20:04 | 都内蕎麦屋さんめぐり