2006年 03月 05日 ( 1 )

そば評論家?!

え~・・ごほんごほん。私そばの箸くれはケシテ蕎麦通ではございません。
ただ蕎麦が好きで違いの分かる蕎麦通のはしくれになりたいだけでございます。
つゆ一つにしても辛口・やや甘め・関東風・関西風好みは万別ですね。
蕎麦の細めの好きな方、太目が好きな方、挽きぐるみの多い田舎が好きな方。
しまいに私の周りの方にはやわらかめの蕎麦が好きなんて方もいらっしゃいます(笑)

万人に愛される蕎麦を追求している店もあれば、個性を打ち出している蕎麦屋さんも。
しかも蕎麦だけで勝負なさる店、そばもそこそこですが肴が最高という店もありますね。
そばの箸くれは蕎麦を知りたい一心ですので好みだとか偏見を持たないようにしています。
手打ち有名店のお蕎麦から町の機械切りの蕎麦やさん、インスタント、立ち食いから、コンビニまで何でも食べちゃいます。

洗練されたおそばを食べると幸せになります。でもコンビニの仕方なく伸びちゃう蕎麦への努力とか、機械切りなのにそこそこ凄いとかそういう蕎麦にも面白いこと多々ありますよ。

ただプロとして暖簾をあげているって凄い大変ですよね。その違いに敬意をはらいつつ、コメントしているつもりです。
暖簾をあげているとたたかれちゃうこともあるかもしれませんね。
「干されてもたたかれても味を出す鰹」みたいなものだと頑張ってほしいです~(好きな焼き鳥屋さんに貼られている好きな言葉)

そば箸ももっと美味しい蕎麦を打ちた~い。
時々つゆにもいたずらをして何種かのつゆを作ったりします。
煮立たせないで日本酒を入れると、時間が絶つにつれなんだか甘くなる不思議なつゆになったり(笑)
やっぱり色んな蕎麦を食べて自分の蕎麦もいつかプロのような完成形にしたいなぁ。
[PR]
by noegon8p | 2006-03-05 00:30 | 日々のつぶやき