2007年 12月 17日 ( 1 )

生田 笙 -shou-

蕎麦屋さんなのにギャラリーをして壁を提供、お噺・ライブなどのイベントにも貢献・・・そんな噂のお蕎麦屋さん、笙へ向かいました。小田急線生田駅から長い陸橋を歩き坂道を歩きます。
ぽつりとお蕎麦の看板が・・・噂どおりお蕎麦屋さんの顔ではない。
d0060920_22474845.jpg
カフェかと思うモダンなつくり。ガラス戸を入ると暖簾と低い竹の仕切りで8卓。床下間接照明とレトロな酒瓶が上から照らします。それでもかなり暗い。コンクリ打ちっぱなしに無造作なブロックの壁。アメリカのロッカールームを思わせる。
そこへ蕎麦茶を持ってきた笙の女将さん?上品さを漂わせ才女であろう空気をかもし出してます。
もしかして居酒屋であってもかなりモダン。スペースの使い方は商売向けにはデザインされておらず贅沢な使い方。ギャラリーそのもののイメージ。う~~ん、雰囲気からはおそばに期待はしなかったのですが。

More 笙のお蕎麦って!
[PR]
by noegon8p | 2007-12-17 23:07 | 旅の蕎麦から