2008年 06月 13日 ( 1 )

目黒、江戸前に「I」がある

月が変わった。「I」に行かなくては・・・。「I」は私にとって江戸前と料理の「塾」でもある。
「I」には今日も暖簾は出ない・・。それはたまたま席が空いていても。
今日は早かったかな。予約の30分前に着いた。
大女将が掃除をしている。板さんが近くにある冷蔵庫・食器棚まで走っている。
静かにそれぞれが仕事を進める。開店前の慌しさに「緊張感」を感じる。
そして10分前に入れて頂く。他のお客様も到着する。
大女将・大将・女将・板さん2人で切り盛りするも連携プレーがすばらしい。
こちら盛り上がりながら他に目をやると台所で次の準備をする大女将。裏や横の隙間を
走る若い職人・・・。見えないところでもひっきりなしに忍者が動いてます(笑)
「仕込みは何時から?」板さんに尋ねる。「朝8時半9時位ですね」「何時に終わるの」
「終わんないときは開店してもまだ続いてます。」
こんなに「きっちりした仕事」するには手間も暇も費やしますよね。感動を与えるってそんなものなんですね。

写真解禁。目の毒かも、見たい方だけ。
[PR]
by noegon8p | 2008-06-13 07:35 | 日々のつぶやき