カテゴリ:旅の蕎麦から( 64 )

和歌山市 輪一

d0060920_2233033.jpg
和歌山市にあるお蕎麦屋さん輪一です。
和歌山へ到着11:30分頃。丁度お昼には間に合いそうです。
レンタカーを調達した後、輪一へ一目散に駆け込みました。
入り口には石臼挽き手打ちそばとあります。

More
[PR]
by noegon8p | 2008-10-27 22:26 | 旅の蕎麦から

京都山科 蕎麦 高月 -kougetsu-

d0060920_19461332.jpg
山科の大文字山・・・毘沙門天から南禅寺と大文字に分かれる道の前に「蕎麦 高月」はあります。

この高月の建造物は昭和54年に滋賀県伊香木ノ本町にあった民家を移築したものだそうです。
ケヤキ造りで葦葺き屋根。「枕草子」「宋家の三姉妹」など数々の映画やCMでも使われた場所。

推理とサスペンスの夜
[PR]
by noegon8p | 2008-09-23 21:52 | 旅の蕎麦から

輪島 やぶ本店

d0060920_8405959.jpg
輪島の朝市から稲忠美術館を超え、足湯ができる重蔵神社に向った左手に「やぶ本店」はありました。
横に駐車場もあってすごく便利ですね。
こちらはその後尋ねる酒元さんからのメールでお勧めしてしていただいた店。
大正時代?創業なんですって。
輪島伝統の浜屋造りで一階が2階より前にせり出しています。1階に沢山の光をもたらしてくれる先人の工夫なんですねぇ。

辛口のつゆで頂く輪島の手打ち蕎麦
[PR]
by noegon8p | 2008-09-13 09:13 | 旅の蕎麦から

多治見 井ざわ -Izawa-

d0060920_22295257.jpg
おっとっと。昔多治見にはととやという蕎麦屋もあったが、経営者も場所も変わらないが今は鰻やになっている。
織部ストリートには多治見の代表的な手打ち蕎麦屋「井ざわ」があるから安心。
この町にこの店ありの店構えではないですか?期待できますよぅ。
蕎麦の横好きさん情報によると名古屋の沙羅餐で修業した方なんですって!知らなかった。

Moreドキドキ・・丁度5時です。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-08 23:08 | 旅の蕎麦から

木曽福島 時香忘 -jikoubou-

d0060920_1131274.jpg
♪思えば遠くへ来たもんだ~♪18切符で5時間もかけて木曽福島まで来る理由って何?!
朝4時起きで仕事のようにせっせと横断してる自分て何?そんな自問自答をしながら・・・。
そう、旅行だ旅行だと騒ぎ立てていたら、一挙にいろんな場所が浮上して、まわりを巻き込んでしまったのです。
一番の目的地「木曽福島 時香忘」それは「そばの横好き」蕎麦の細道で見て気になっていて、
男の隠れ家にも載っていて、18切符を使い切る目的もあり決心しました。
特急は使えず1時間に一回ほどの電車を乗り継ぎ、時香忘、到着しました。
いい大人が戻ってみて気づく。18・青春って、ふびんです。  もとい不便です。

うきゃきゃきゃする体力はナシ。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-04 12:14 | 旅の蕎麦から

盛岡 わんこの「やぶ屋」

d0060920_1935111.jpg
わんこ、急いで食べる事にはあまり興味が無かったのですが、わんこ知らずして蕎麦は語れません!
しかも面白いコピーを発見したのです。 「宮沢賢治とやぶ屋」
ご主人と女将さんが絶妙なタイミングで準備してます。
わんこそばって冷たいつゆだと思っていたら温かいつゆでした。

Moreお隣の方すごいすごい!
[PR]
by noegon8p | 2008-08-30 19:19 | 旅の蕎麦から

平泉 地水庵 -chisuian-

d0060920_2163816.jpg
今日こそリベンジ。昨日ありつけなかった地水庵のお蕎麦!
電話をして聞くと地水庵の場所は中尊寺の側だそう。
昨日の山の中はなんだ?ナビに電話番号で検索したのに?皆様、お気をつけあそばせ!
お店の方が電話で「ここ地水庵の場所はナビには出ないんですよ」
・・・・・昨日って・・・・・な・・ん・・・だ・・・ったの・・・・・。
山の中ではなく、地水庵にたどり着けました11時半ジャスト!次々お客さんも見えました。
すぐ売り切れる噂は本物でした。
でも、ダレに聞いてもすぐそこって言うのですが岩手のすぐそばは200m先らしいことに気づいた。雨すごかったな~。

More古典蕎麦が食べたくて
[PR]
by noegon8p | 2008-08-28 22:48 | 旅の蕎麦から

花巻 鉛温泉 ~藤三旅館~

d0060920_19425965.jpg
翌日、花巻で私が人を訪ねていく予定もあり、花巻へ。
花巻といえば兼ねてから行きたかった藤三旅館へ。田宮虎彦の小説「銀心中(しろがねしんじゅう)」の舞台になったのも、藤三旅館なんだそうです。
もちろん、朝食のみを頼んでありました。蕎麦を食べ歩きお腹いっぱいの予定はどこへやら・・・
昼過ぎに道の駅で食べた「市販だしの手打ち蕎麦」一杯。うう・・・お腹すいた。

こちらの昭和の香りもさることながら温泉は湯上り直後に良さを実感できたんですよ。

More・・千と千尋みたいな世界ですねぇ。
[PR]
by noegon8p | 2008-08-28 20:36 | 旅の蕎麦から

新松田 あしがら翁 -ashigaraOkina-

d0060920_0443639.jpg
私、稲をこんな近くで初めて見ました。
視力が0.2は上がるはずの稲の青さ。感動しながら新松田あじさい農道を歩く。6月は道の両サイドがあじさいで彩られるそう。
そんな中またも2人、住所を頼りに歩く歩く。そして見つかったあしがら翁です。

ここに来れてよかった!
[PR]
by noegon8p | 2008-08-19 01:43 | 旅の蕎麦から

二宮 オリベ -Oribe-

d0060920_0201944.jpg
二宮歩くこと30分?はたまた1時間?aricoさんがすごいのっては話しながらも時計も見てます。
はじめての二宮の町、蕎麦屋を探しながらの旅です。
ケモノミチがあったり近道狙いで人ン家に紛れ込んだり、うふふ!楽しい。
川を覗くと野性の鯉だらけ!なにあれ?蛇が泳いでるのも発見・・・・。
何度か地元の方に尋ねながらもたどり着きました!二宮の有名手打ち蕎麦「オリベ」だって!

More和食で有名なご主人の店
[PR]
by noegon8p | 2008-08-19 00:42 | 旅の蕎麦から