カテゴリ:ぐるぐるグルメ( 21 )

佐原の造り酒屋

d0060920_2225085.jpg
この日は雲ひとつ無い晴天。右が文政八年(1825)創業の東薫酒造、左が馬場酒造。
東薫酒造の杜氏及川恒男さんは宮城で13年修行、富山で6年、その間に杜氏選考会に合格。39歳で東薫酒造へ。
今は杜氏会の会長を務め、越後杜氏・丹波但馬杜氏と並ぶ3大杜氏のひとつ南部杜氏を代表する名人。
国の卓越技能者、「現代の名工」として労働大臣賞を受賞したお方でございます。

馬場本店酒造は天和年間(1681~1683)に奈良県より佐原の地に渡り、清酒・味醂を造り続ける小さな造り酒屋でございます。
現在も地元産のモチ米を使用、昔ながらの製法で造られる「最上白味醂」は
旧式味醂のおだやかな香り、濃厚なうまみがあると謳われていて、甘酒に近い味わい。本当に上品です~ぅ。

これが代表するお酒です。
[PR]
by noegon8p | 2010-01-11 23:20 | ぐるぐるグルメ

夜のひろ作メニュー

d0060920_0113626.jpg
品のある女将さんは後姿でごめんなさい、ぜひ実際にお話になってくださいませ。
この日はとあるお二人が「退職祝い」または
「皿洗いバイト万歳三唱会」のような会に招いていただいたんです。

夜に来るのはもちろん初めて!トキメキは抑えられませんでした。
ひろ作はお昼にお尋ねしたことがございますが、夜は初めて
カウンター5席とテーブル一つしかございませんが、仲居さんは2人もいらっしゃいました。
お二人で協力して出せる仕事の限界なんだとおっしゃっていました。このお料理なら理解できます。

More ひろ作小出しに写真アップ
[PR]
by noegon8p | 2009-02-13 00:27 | ぐるぐるグルメ

青山浅田 ビル地下1階にある金沢

d0060920_9491232.jpg
これは年末に訪れた「青山浅田」のランチです。
加賀料理といえばここ浅田。赤坂浅田はおしゃれをしていないと気後れするので
気軽に食事といえば麻布のほうが行きやすいなぁなんて。
その日は副業の仕事を頂いていた会社の社長と青山浅田でお食事致しました。
(もう出来なくなるから送別会みたいなものでしょうか?)

More 携帯写真でごめんなさい
[PR]
by noegon8p | 2009-02-06 08:15 | ぐるぐるグルメ

東銀座 moonset cafe そばクレープ(ガレット)

 
d0060920_9131127.jpg
今日はありこさんと仕事後、7時に付き合って頂ける事になりました。
職場の同僚が「東銀座に蕎麦のクレープがありましたよ」と教えてくださったので
ムーンセットカフェのページを覗いてみると甘くないガレットがある店だったので興味があったんです。

More そのガレット
[PR]
by noegon8p | 2008-12-07 09:27 | ぐるぐるグルメ

下北沢 はらドーナツ

d0060920_12291810.jpg
下北の町で3回も引越ししたけど一番住みやすかった辺り。
隣の八百屋さんが美容室になり、ここ、前は何やだったかなぁ。日曜日に寄ったら「はらドーナツ」なるものが。
なんでもここ、神戸の灘川の老舗とうふや「原とうふ店」が運営しているんだって。
神戸本店にあわせると4店舗目なんだそうです。5組ほどならんでいる後ろで様子を見る。

More
[PR]
by noegon8p | 2008-12-06 12:50 | ぐるぐるグルメ

シェ・リュイのカヌレ

d0060920_844482.jpg
がじゅたんが、20,30分自転車で世田道に出てきてくれたので
梅干さんとお蕎麦を渡しました。30分一人でぽつんと待っててくれました。(涙)
それは私がOKとオオゼキを勘違いして覚えていたため~ごめんねがじゅたん。
しかもごほうびを3個頂きました!
シェ・リュイのカヌレ~♪とっても美味しくて1日目は会社のティータイム後輩と。
2日目は朝ごはんにしました。ご馳走様です♡幸せになっちゃいましたよ。
思い出して下北のシェリュイでまた買っちゃいました。
[PR]
by noegon8p | 2008-10-17 08:49 | ぐるぐるグルメ

乙女寿司

d0060920_21135631.jpg
花まきさんのページにあった期待膨らむ乙女寿司!これだけは行かなくっちゃとお昼に飛び込みます。前から見た画とはちがい店の前にはお庭が。
あまりむらさきを使うお寿司は少なくて、つめや塩などを巧みに使いこなす大将。
2人とも初めて行く店だったので「写真とって良いか」は聞けませんでした。
塩とカボスのかかった烏賊はパラッと口の中で解けます。鰻もすごく美味しかった。
なんだろうね、あれ?と思っていた台所の角にあるレンガを積んだようなもの。
その上で焼いた鰻は皮がさくっと中はほくっとしています。お代わりしちゃいました。
ほっぺのとろけるお寿司を数頂いて、5000円。お昼の有難さですね。

羽咋に泊まったのですが一度能登に向う前にもう一度行けないか?(時間がなくて没)
輪島で朝一を見たらすぐ出てお昼に間に合わないか(日曜日は休みの為没)
それほどに私たちを惑わした石川NO1のお食事でした。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-16 21:28 | ぐるぐるグルメ

京都 喜幸

d0060920_22333583.jpg
なによ、この鮎、その鮎の妹なんじゃないの?!もしかして~~?!

More・・鮎の姉妹は京都で
[PR]
by noegon8p | 2008-07-21 22:43 | ぐるぐるグルメ

能登 烏賊のいしり焼き

d0060920_20475543.jpg
届きました、待ちにまった「烏賊いしり焼き」
いしるはいわしやサバなどの魚の魚醤、いしりは烏賊の漁醤なんだそうです。
芸術新潮で知ったというSlowDaysさんが教えてくださったお取り寄せ
これは半生なわけで、わたが出ないように丁寧に焼く。ゆっくりと、はさみを入れる。
中からじわっと、とろ~っとワタと墨が出てくる。

食べてみる。いしりでしっかりと味がついていて何にもいらないというのは本当です。
そしてわた。ほんのり苦みもあり、烏賊の甘さといしり漁醤、独特の発酵した塩味が
噛めば噛む程口の中で広がっていく。もう、噛むことをやめられない感じです。

そしてワタを空気にさらした直後は苦味よりも甘みが引き立つのですが最後に行き着くまでに苦味を増してくる。
これもまた楽しい。少し切る祭にこぼしたワタはゲソの部分などを使って最後まで楽しめます。

http://www.hokuchin.co.jp/
[PR]
by noegon8p | 2008-05-11 21:31 | ぐるぐるグルメ

富山土産 ほたる烏賊の黒造り

d0060920_2318741.jpg
ハマグリの酒蒸しスープと山芋の煮こごりで受け皿を作りました。
メインはこの真っ黒な蛍烏賊。地元の人しか知らない通の店があるそうです。
イカスミはお通じのお薬にもなるんですよ。うちの田舎でもスミ汁というのがありますが
妊婦さんはダメだとかいうほど「利く」んです。体にも勿論いいお薬になりますよ~。
体にいいだけでなく烏賊墨はこってりと甘く、美味しい。さすが富山の名産です。
[PR]
by noegon8p | 2008-05-01 23:27 | ぐるぐるグルメ