<   2005年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

銀座 本陣房の玉子焼き

d0060920_209076.jpg

本陣房の玉子焼きは京風というか関西風味で塩味です。
くるくる一枚一枚が巻いてある感じ。ふわっとしていてだしがきいていました

[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 20:11 | 玉子焼き写真館

四谷 中屋の玉子焼き

d0060920_2045985.jpg

一度焼いた玉子焼きを大目の油で焼いた(またはさっと揚げた)メニュー全てがニューウェーブな
中屋の玉子焼き。外側が少しパリッとしていて中はほぐほぐ!

[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 20:08 | 玉子焼き写真館

豊島区 一久の玉子焼き

d0060920_19595672.jpg

不思議なのです、見た目もぼてっとした感じの玉子焼き。
なんだか、ふが水を吸ったときのようなこのぽてっとした感じ。食感もそのまま、沢山のだしを
吸っているようなそんな重みのある玉子焼き。

[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 20:03 | 玉子焼き写真館

杉並 本むら庵の玉子焼き

d0060920_19565852.jpg

味も量も上品でした(;。;)出来たてという感じはしませんでしたが最後にもう一品のお口直し玉子焼き
見た目も綺麗です

[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 19:58 | 玉子焼き写真館

長野・千曲 ■一松亭

d0060920_19144532.jpg
長野千曲で行ったお蕎麦屋さんです。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 19:06 | 旅の蕎麦から

長野、千曲レポート ■つる忠


d0060920_1849666.jpg

またまたやってきました!地元の方に案内していただいたお蕎麦屋さんです。
なんでも信州そば百選で紹介されている有名店。
女将さんは、一茶庵で修行を積んだこともおありなんだそうです。
そしてこちらも十割そばは毎日20食限定だそうですよ。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-06-17 18:11 | 旅の蕎麦から

テントウムシ

恐怖のハバネロ
テントウムシ見っけ。また仕事中に虫を撮ってしまいました。
テントウムシ頑張ってるけど、このアブラムシの大量発生にはどうしようもないのね?
無農薬で育てたい野菜さんたちがかわいそう。
んで、聞いてみたら木酢液がいいみたいですね~!
家にもありますがく、くさ~い!これならアブラムシも臭くて近寄らない?
農薬でなく効き目ばっちりみたいです。上にはスプレー、土にも薄めてかけると栄養にも
なるって書いてありました。
本当なら世の中の増えたアブラムシ退治のためにテントウムシを養殖しなきゃかな
あ、みかんとか柑橘系を土に埋めるのも良いとか?

d0060920_2142296.jpg
[PR]
by noegon8p | 2005-06-15 21:04 | 日々のつぶやき

築地 さらしなの里 -SarasinanoSato-

d0060920_14443652.jpg北海道石狩産のキタワセ蕎麦を使って打っている店。
ここの三代目店主は虎ノ門砂場で修行した方だと伺っています。正確には初代店主が修行していたのは更科堀井。その暖簾わけをして神楽坂で店をしていたんだって。もともとは神楽坂更科を名乗っていたそう。
もちろん三代目も修行後に一度、本家更科堀井でも勉強をしたんだそうですよ。
d0060920_14533613.jpg
店内は1階と2階があり、下には4つ机があり、
二階はテーブル2つにお座席が4つほどありましたここは天ぷらが美味しいとのネット情報だったのでさっそくいくつか天ぷらを注文しました。築地に店があるっていいことですね~。新鮮な海の幸が味わえました。 花を咲かせていない薄~い生地のさくっとした天ぷらでした。

More 綺麗な三色そば
[PR]
by noegon8p | 2005-06-11 15:45 | 都内蕎麦屋さんめぐり

銀座 いけたに -iketani-

d0060920_13262711.jpg蕎麦横さんの「誰か興味あったら行ってみて」の指令をうけ、銀座に登場しました。銀座七丁目にある12:45分まで営業しているという蕎麦屋さん、いけたにです。
外から見ると喫茶店かというような黄色い金属製のドア。あまり蕎麦屋という感じではないぞ?
ドアを開け中に入ってみたらニューウェーブな蕎麦屋さんという感じかな?椅子などもなんとなく小洒落たすだったりします。ここはビールを注文するとそばの実(丸抜き)が出てきます。



まずは蕎麦味噌と玉子焼きを頼みました。玉子焼きは可愛くて私の乙女心が感激いたしました。蕎麦味噌はピリッとかなりパンチの効いた辛さで私のオヤジ心を刺激致しました。も~ビールが進む進む~!でも一本だけよ~ぅ。


More 銀座でこんな時間まで!
[PR]
by noegon8p | 2005-06-11 14:00 | 都内蕎麦屋さんめぐり

薬味を調べてみた。

ねぎ、七味は定番として、わさび、大根は店によっても違いがあったりします。
薬味セットなるものがある店もありました。
そばの薬味っていくつあるのかなぁ?なんて調べたことがあります。
・「それ、そば・大根は君臣佐士のつきあいなるを、越路のくにには蕃椒の粉の折り方をそなえ、都のほうには、わさび、はじかみにてやらるるこそ本意なけれ」-――――― 松尾芭蕉
芭蕉の時代にわさびが出始めたことがわかります。
大根こそがそばの君臣のつきあいであるのに、蕃椒、わさび、しょうがなどを使うようになって
嘆かわしいという言葉。芭蕉はいろんな所から呼ばれ、そこでのおもてなしにお蕎麦を食べたそうなんですね。そのときに時代の変化に悲しんでいる様子が伺えますね。
でも今じゃ山葵のほうが定着しています。もともとは大根(信州では辛み大根)だったとは。

山葵。チューブに入っているのは洋だいこんなんだって!大人になって初めて知った!洋大根は辛いのでそれに色をつけたものなんだそう。だから最近は「本わさび」なんてものがお目見えしたんですね。
本物の山葵を擂ってお箸でつまんでなめてみた。フルーティさと表現したらいいのかやっぱりこれだよね~なんて感激。時代的には山葵を庶民が使うほど安いものではなかったため、粉山葵が普及したらしいです。

薬味というのはお口直しにして最後まで飽きさせないためにもあるんだけど文字の通りお薬にもなるらしいぞ。大根にはデンプンを分解するジアスターゼがたくさん含まれ、脂肪分解作用もあるという説まで。
ねぎは香りで食欲をうながし、唐辛子は昔から胃腸薬としての作用もあり使われてきました。
山葵はその強い刺激で蕎麦の風味が分からなくしたり、つゆに混ぜると出汁の香りなどもわからなくなる。だから、お箸でつまんで口直しにするというのがBetterなんだって!
熱いものなら長芋で山掛けや、玉子で卵とじ。これも薬味の仲間でした。
最近食べた店で、何処だったかゴマというところもありました。食欲を引き出したり、胃薬としての役割だったり、自分でイケると思うものなら薬味に使ってもOKだという結果がでました。
蕎麦には正式な食べ方なんてないって誰か言ってましたね。甘いつゆにはどっぷりつけて食べたほうが美味しいし~(^^)結局はそれぞれの蕎麦、それぞれの趣味ってことですね。完結=!

d0060920_1283663.jpg■→余った蕎麦の切れ端を小麦粉、水と玉子少々を入れ蕎麦チヂミにしてみました。具はもちろんねぎの青い部分や冷蔵庫の余りものです。味はなかなかです。こんどはちゃんとニラとか入れて作ってみようかな~(^^)

■↓食べ物で遊んじゃいけません!!蕎麦ママが怒ってます、ぐふ。
d0060920_1275446.jpg
[PR]
by noegon8p | 2005-06-11 13:11 | 料理練習帳