<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

四谷 中屋 -Nakaya-

d0060920_228959.jpg
ここ中屋は四谷四丁目交差点近くの路地50mほど行くと左手にあります。ニューウェーブ蕎麦やとして取り上げられるお蕎麦屋さんです。明治23年創業の老舗なのですが1995年に大通りから引越したんだそう。この立地条件ではお客さんを数では呼べないということで、そば会席として3500円から提供することにより予約を取り新しいお客さんを呼ぶことに成功している店です。外観はモダンで中は独特な温かみをもった造り。
二階もあって狭い部分の客席の作り方などには工夫があり、すごく感心しました。ニ・三度足を運んだことがありますが、肴には特にアレンジを加えて面白いものに出会えます。
d0060920_22183837.jpg
こちらは単品のえびしんじょう。外はさくっとしていて食感はふんわり軽い食感なので海老がぷりぷりさがきわだちます。右が手作り豆腐 中屋流。京都から取り寄せたとう豆乳でつくったとろ~~りおぼろ豆腐に丸抜きが入ったあんがかかっていて、ん・も・絶品です!

More お蕎麦
[PR]
by noegon8p | 2005-12-17 23:00 | 都内蕎麦屋さんめぐり

荻窪 本むら庵 -Honmuraan-

d0060920_20323848.jpg
住宅街の中に突如現われる本むら庵の立派なたたずまいです。本むら庵の中から見る中庭も手の行き届いた盆栽を置いている様子。なになに盆栽作家として著名な中島信一氏・江坂泰樹氏という方々の創作なんだそうですよ。盆栽も毎月変わるんだとか。ジャパニーズビューティフルですわ~東京に居るということを忘れてしまうような広々としたお店です。ここではゆっくりとした時間を過ごせますよ。
d0060920_20531588.jpg
左は待合場所でたとえ込み合っていてもここでのんびりとお茶を飲みながらお待ちになれますよ。
待合・お会計の場所と客席のあいだにも暖簾がありそこから従業員の方がご案内してくださいます。中も凄く広く周りがきにならないですよ。打ち場も広々としたものです。しばらくするとお弟子さんがとんとんとそば切りを始めました。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-17 22:00 | 都内蕎麦屋さんめぐり

上野 藪そば -uenoYabu-

蕎麦に対する姿勢はは藪さかでない!上野の駅に降り立ち薬局で買い物をして「この辺で美味しい蕎麦屋は?」という質問に丁寧に場所まで書いていただいていったお店。ほんと私その頃もぐり。今はもぐら。上野行くともぐる店です。
d0060920_1312384.jpg
サラリーマンから子供、おじいちゃんやご出勤前のおねいさんまで下町情緒あふれる上野の一角。
なんだか「ここの蕎麦はそこの蕎麦は」というよりも純粋に旨い蕎麦食べに来た!という雰囲気のお客さんがずら~り。「これ旨いねぇ~」「これ食べてみなよ~」なんて会話がちらほら聞こえて皆にぎやかなのです。
お運びさんのおばちゃんも気さくで「お土産のつゆなんかもあるんですね~」なんて聞くと「買って帰ってまた送ってなんてお客さんもいんのよ~嬉しいわねぇ~。」なんて気取らない調子。
二階ではとんとんと蕎麦切りのお弟子さんが見られますよ。1階と2階はエレベータでお蕎麦が行ったりきたりしています。少し小さめの調理場をうまく使ってます。ここは神田藪から暖簾わけしていただいた第一号なんですって。

More  続きはご主人とお蕎麦
[PR]
by noegon8p | 2005-12-14 13:17 | 都内蕎麦屋さんめぐり

神田 藪そば -kandayabu-

ここってもともとは団子坂の蔦屋だったのよね~。何を「藪」から棒に!とお思いでしょうか。し~ん。
これからじっくりと藪についてダレもが知ってるうんちくを並べますよ。
秋葉でたっぷり満喫した後は鉄道博物館横をすり抜けて藪そば目指していきました。ここって文化財になるほどの建物ですごくおもむきがあるのよねぇ~。
d0060920_041850.jpg
初めて行ったときは(お酒が入っていないと小心者な私は)まず4枚あるどの戸を開けたらいいのか迷っていると従業員の方が開けてくださいました。そうすると「いらっしゃぁぁぁい」と歌を歌うような声。そして席に案内されます。注文も噂どおり。番台のようなとこにいるおばちゃんが歌を歌って読み上げてくれます。しかし神田藪のなにがいいってこの広さとこの活気でしょうか~?藪は幕末の頃は団子坂にあって、竹やぶの多い場所だったから通称「藪」と呼ばれたのが始まりだということはご存知よね?んじゃ、これはどう?えと藪のつゆというのは「生かえし」と言われる江戸を代表するそばつゆで~す。冷たい辛さと表現されるかえしは温めてアクをとるのと違ってつぼに入れ土の中にねかせて、醤油の角がとれおだやかな味になります。もともとは更科のような風味の弱いおそばには本返し、挽きぐるみを入れた藪のような蕎麦には辛口のつゆがあっているんだそうです。知ってますよね、んじゃ~~~う~~なんて結局あんまりうんちくもってないぢゃん。すみません。

More 
[PR]
by noegon8p | 2005-12-12 02:19 | 都内蕎麦屋さんめぐり

広尾 箱根暁庵 -hakoneakatukian-

d0060920_21212518.jpg
箱根湯本ホテルのオーナーが山梨にあった翁のお蕎麦にすご~く感動して、お弟子さんを迎えて開いたお蕎麦屋さんというのが「箱根暁庵」なんですって。広尾という場所にあるこの店はやっぱりビルの二階で5席とカウンターという形で営業しています。店前をとり忘れた私、帰りの車からパチリ・・・ごめんなさい(汗)店の作りも広尾的。緩やかな空気が流れています。ご主人が入り口で蕎麦を打っていましたよ。周りの視線が気になって見れなかったけどここは力を使わず屈伸運動でリズミカルに打つうちかたなんだそうです。
d0060920_21303547.jpg


まずはおとうふで~す。ここってお豆腐も人気なのです。(はい、お品書きにイチオシ的なコメントついてましたもん)にがりも湧き水と独自のニガリを使った、お豆腐なんだって。うん濃い豆乳を使っていてしっかりとしているって食感でした~。水にもこだわっていて箱根の湧き水をつかっているんですね。お蕎麦もその湧き水を使っているそうです。すごいですよね、考えると。水運んでくるんですよ、箱根から。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-11 22:03 | 都内蕎麦屋さんめぐり

恵比寿 玉笑 -tamawarai-

d0060920_2017344.jpgこちら~かの有名な名店竹やぶの分家で~す。竹やぶは六本木ヒルズに移転した為そのままお弟子さんが開いたこのモダンな店。私何度もこの前行ったりきたりして通り過ぎてしまったほど蕎麦屋さんだとは思いもしませんでした(笑)
d0060920_20173415.jpg中もアートしています。なんでもここのご主人は竹やぶ恵比寿店で5年ほど修行して移転の機に独立をしたのだそうです。もともと実家がそば屋で、お蕎麦に対する味覚や感性はもともとそなわっていたのでしょうね~(^^)おかみさんと呼んだらよいのかな?お運びさんは上品で着物を着ていましたよ。飲み干したお茶をみて新しい茶碗に入れなおして持ってきてくれてくださいました。こころもあったか。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-11 20:56 | 都内蕎麦屋さんめぐり

白金台 利庵 -tosian-

それはさぶ~い冬の午後でした。お洒落なプラチナストリートにたたずむ人たちがおりました。
そうです。利庵のお蕎麦を食べたいが為に、この寒空外に並んでいる人たちです。
そうして席が空いて私たちが案内される番になりました。
d0060920_18492643.jpg

木につつまれているせいかぬくもりを感じる店内(もちろん暖かかった)当然の事ながら相席で。粋な雰囲気を漂わせた方々が並んでまっす。キッチンカウンターは骨董家具。そこからお蕎麦が運ばれてきます。カッコいい。うっとりとしていると私たちのお蕎麦が来ました。
d0060920_18562452.jpg
この写真だけでも味が想像できませんか?シンプルだけど本物なのよぅ。ちょっと失礼、一口頂戴?甘汁は香りもよくて一番だしが効いていますよね~その甘汁がからんでお口の中に入ってくると温かいせいもあって蕎麦の香りがポワ~ン♡つゆをもう一度すすります・・・ずず・・ん~んまい・・ずずっ・・・ん~!「ちょっと駄目~!やめて~、返して~」叫びに似た声が聞こえ我にかえりました(笑)。あ、ごめんごめんご~。うっかり飲み干しそうでしたばい。

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-11 20:03 | 都内蕎麦屋さんめぐり

練馬 明月庵田中屋 -tanakaya-

d0060920_401282.jpg
環七を走っているとなんか凄い店があるぞ?あれ名店じゃない?と、人に聞かれていったのがここ田中屋。
上京して田舎者もぐりな私は噂提供の元に出かけていきました。だってほうらこんなに目立つこんな大きな駐車場・・・。
去年まだ4月の寒い雨の中のれんをくぐり入っていきましたぞ。
すると何?中はスゴク広くて赤い茶屋風になったブースから、ちょっとした小庭が見える席、
奥にはお座敷がどか~~んと大きく広がっています。驚くなかれ厨房には10人程の蕎麦職人さんがそれぞれの仕事を猫の手も借りたいほどに動き回っています。
席に案内されました。まずめにゅ・・・をと。ん?
d0060920_432795.jpg
なんとなくファミレス的な写真のメニュー!そばファミレス?ん?大型蕎麦チェーン店?なんて思いながら新春のおすすめ若筍を注文。それがもう美味しいの!彩りよく菜の花、花がつおにつつまれ、木の芽はふんだんに使われていて香りもいい。なんなの、ここ、何~??しかもなんか箸置きなんかも漆器!なんと輪島塗らしいのよぉ

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-01 03:46 | 都内蕎麦屋さんめぐり

銀座 明月庵田中屋 -tanakaya-

d0060920_204216.jpg

銀座銀座銀座~♪でも今は蕎麦の用事以外の用事がない私(^^;
でもね、ここは銀座の6丁目~!ちょっと小ぎれいな格好で行きました。平成14年にオープンしたんだって。
外から見てもこざっぱりと銀座らしい店でしたよ。中は入り口向かいに厨房があってJAZZが流れてます。席は2人席5宅、四人席が4つほどあったかな?お買い物やお出かけ途中の皆様も銀座らしい雰囲気を漂わせてました。この店の従業員もよく動いています

More
[PR]
by noegon8p | 2005-12-01 02:41 | 都内蕎麦屋さんめぐり