<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お弁当の中身

d0060920_153224.jpg
久しぶりにそばがきずしをお弁当にしました。
玉子、きゅうり、めんたいこ、こぶを巻いてみました。
蕎麦って塩分を吸ってしまうから別々に感じたほうが良いみたいですね。
こぶの塩分と明太子の辛味ががほんのりと良い仕事をしてくれていました。好みで雪塩などを添えると良いのかも。
(雪塩って大さじすり切れで雪塩5g。普通の塩だと大さじすり切れ17gなんですって。
見た目より3分の1の塩分量ですませるとの裏書がありました。)
胡瓜を船にして初めて作ったふきのとう味噌によく焼いた挽きぐるみと茗荷を混ぜて乗せました。
大人の苦み『ふきのとう味噌』に軽快な歯ごたえの挽きぐるみを入れるとまたちがう味わいになるんですね。
これ木しゃもじがあったら蕎麦味噌としても良かったのかなぁ。
ふきのとうが美味しいと思えるようになった今日この頃。
野菜嫌いだった幼少時代を思い出すとお野菜でも四季を楽しめるようになったかな。
そばがきってお弁当でも延びる心配がないから、しばらく具を変えて味わいたいです。
[PR]
by noegon8p | 2008-02-29 01:04 | 料理練習帳

こんにゃくとの蕎麦の出会い

d0060920_2211515.jpg
今日打った蕎麦には大根おろしに静岡産しらす、菜の花を乗せて。大根の葉は栄養絶大と知り大根葉も入れました!
蕎麦を精進料理として頂くのならお野菜だけが一番。
ただね、毎日だと何かこってりしたものが欲しくなる気持ちもありますよね。
だから天ぷらとの名コンビが生まれたと思うのですが、山形で見つけたこんな感動。蒟蒻番所。

たかが蒟蒻、されどこんにゃく。
[PR]
by noegon8p | 2008-02-20 22:35 | 料理練習帳

手作り一味唐辛子

d0060920_22521939.jpg
ここはジャングルではなくて、叔母さんちの小さなお庭。垣根も木なんです。こんな所だから虫や蚊がたくさん寄ってきます。
d0060920_23421166.jpg
唐辛子の木は蚊や虫除けになるのでいろんな家に栽培されています。
そんな唐辛子は収穫しても収穫しても長い間実をつけます。
その実を陰干しで乾燥させて種を外し(種は激敵に辛いんです)ミキサーで細かくして干したゆずと加えゆず一味にしたり、
芥子の実、陳皮(暁山さんに頂いたこのミカン)、胡麻、山椒、麻の実、冷蔵庫で寝ている乾燥した紫蘇(笑)
砕いた海苔または青海苔(好みで乾いた生姜少々、菜種)を加えると七味になります。
プロの七味とは違いますが自分でブレンドすると海苔がまばらだったりと楽しいかも。
今年はmy七味でお蕎麦を食べようと思っています。
写真は辛味オイル(オリーブオイルと低温で)と「こーれーぐす」(焼酎や泡盛に漬けて)
あ、結婚式の席札ボトルで頂いたこの瓶おもしろいんですよ。
中に下から突き上げた空洞の台の上に四葉のクローバーを加えた幸せのぶたが載っていますその周りも空洞で、
どうなっているのか一瞬考えちゃいます。
[PR]
by noegon8p | 2008-02-18 23:17 | 日々のつぶやき

山形市内 梅そば

d0060920_18363579.jpg
蕎麦屋さんの暖簾には白・紺・小豆・抹茶などの色が一番多く良く使われる中、
梅そばさんの「青みが少し入った鶯色」の暖簾に何か惹かれます。きっと一色単の感性ではなさそうな・・・。

だって、梅そばも出羽あかり
[PR]
by noegon8p | 2008-02-16 18:27 | 旅の蕎麦から

積雪の銀山

d0060920_1526884.jpg
銀山温泉のハイライト。真ん中の写真には蝋燭がともされ綺麗なんですよ。
d0060920_1537995.jpg
建物20件程の小さな所ですが、所々に足湯があります。雪を見ながらのんびり足を放って。私も浸かりタカタヨ~

その他もろもろ写真
[PR]
by noegon8p | 2008-02-16 15:42 | 日々のつぶやき

山形市内 萬盛庵

d0060920_13332072.jpg
山形・出羽国には名産物が沢山ありますね。牛肉・さくらんぼ・だだちゃ豆・葡萄・ラフランス・蒟蒻、やっぱり蕎麦。
そしてもうひとつ!東の関脇「最上紅花」、西の関脇「阿波の藍玉」と江戸の番付にあるほど
染物に油に、食用にと広く使われる紅花は昔からの山形名産物です。
その紅花を練りこんだ紅花蕎麦をふるまってくれる店「萬盛庵」をめざしました。駅から5分、美術館や最上義光館の次の通りに位置します。

楽しみにしていた紅花蕎麦は・・・
[PR]
by noegon8p | 2008-02-16 15:11 | 旅の蕎麦から

山形 蕎麦街道 若佐

もちろん、ここまで来たのです。食べ歩かずして帰れるわけがございません。
名店めぐりにも惹かれますが、今度は通り掛けに新しい手打ちの店を見つけたので寄ってみました。
d0060920_23494672.jpg


More若いご夫婦が営む店のそば
[PR]
by noegon8p | 2008-02-14 00:31 | 旅の蕎麦から

山形・蕎麦街道 三郎兵衛

d0060920_1132772.jpg
山形・蕎麦街道と呼ばれる蕎麦屋さんが集う通りに大きな看板が出ています。
人の高さを超える積雪の間を通り、矢印を追っていくとそこに「三郎兵衛蕎麦」がありました。
玄関目の前には囲炉裏があり、岩魚の塩焼きが。美味しそう!!
大きなテーブルが三つ並び、奥には先代の写真が並んでいます。テレビが付いていてローカル番組が付いていました。有名人のサインも並びます。
なんと普通にお仏壇まで。多分もともと自宅で使っていたのでしょう。
ちょっとどこか田舎のおばぁちゃんちに来た雰囲気もあり、ほっとする感じですね。
高校野球などで『地元の皆さんお集まりです』という中継先のような広さと雰囲気を持つ場所です。

More・・・その量に驚き。
[PR]
by noegon8p | 2008-02-11 12:45 | 旅の蕎麦から

アレンジ蕎麦

もったいないとお叱りをうけそうですが、本来蕎麦は和食に限らず。
フランスではクレープ、パンなどにも使われます。だから今日は路線を外して・・・。
夜打ってもてなした蕎麦のみみ(切れ端)を使って今日の朝ごはん。
d0060920_2217175.jpg
ベランダからスイートバジルを持ち出し、オリーブオイル、クルミ、パルメザンを入れたらミキシング。
茹でたお蕎麦にあえた「蕎麦のジェノベーゼ」
小麦と違い、甘み穀物感、歯ごたえ、これってイケてるんじゃない?!乾麺などでgoodかもです。お塩は食べる時にお好みで。
ベビーホタテは日本酒とほんの少しのお塩で水気がなくなるまで煮て生トマトを入れて温めたもの。
[PR]
by noegon8p | 2008-02-06 22:25 | 料理練習帳

よなよなエール

d0060920_2153974.jpg
田舎に帰ったときだ。合間をぬっていつも会ってくれる友達が居ます。
その『お帰りの会』の人を集めてくれる友の噂。
『よなよなエールってしってるか?』ふむ。そのビールは長野、佐久で生まれたらしい。
醸造主がペールエールの国「イギリス」でおぼえてきたエールの作り方を独自な工夫をこらしながら
生み出した「夜な夜な飲みたくなる」 ★よなよなエール★
そのビールは世界3大ビール品評会で史上初の8年連続1位!なのです。
今では本場のお国からどうか醸造方法を教えに来てくれと言われるまでに。
泡が上がって来るまで飲んじゃダメよとじっとじっと・・・待って・・・・お許しが、でました。

そののどごし、お味は・・・・
[PR]
by noegon8p | 2008-02-06 21:51 | 日々のつぶやき