<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

週末蕎麦:鷹匠

雨がやんでいる。気持ちいいから根津で朝蕎麦を・・・。8時過ぎ「鷹匠」到着。
朝蕎麦が有名になった鷹匠さん、本日なんと並んでいる。この八時に3組が並んでいる。
こんな朝から並んでいる蕎麦屋さん、聞いたことない!
どんどんご立派になられて・・・。なんて気持ちとうらはらに「売り切れを心配する私。」
20分ほど待って入ることが出来ましたがせいろは売り切れ寸前。間に合った・・・・。

「今はせいろが埼玉産で田舎は福島です」とご主人が他のお客さんにお答えしている。
蕎麦粉は変わっても何を打たせてもいつも変わらない艶とコシ。
鷹匠さんは山葵を出さず辛味大根とよく水にさらした葱がついてきます。
蕎麦を手繰りながら「今日は本物の蛙がでそうですね」というと「ほんと最近入り口には出なくなりましたが」なんて会話をしながらすすっている。

鷹匠命名の由来
[PR]
by noegon8p | 2008-05-25 16:32 | 都内蕎麦屋さんめぐり

蕎麦な週末② あめこや

人との出会いって感動しますね。あめこやって落ち着きますね。
学生の頃のように興奮してはトーンが上がり、キャーキャー言っちゃいます。
自分達で「し~し~っ」なんて人差し指たててる
女性客がおりました。はい、そば箸の席でございます。
今日はそば箸、食べることよりお話に夢中です。
お酒も手伝って昔話からお料理の話まで、盛り上がっちゃいますね。

お友達は用事の帰り道にここがあり、予約を入れたのだそうです。
今回私はそれに乗っかる形でおじゃましました。
彼女とはブログを通してもう5年のお付き合いです。彼女にお友達が多いのもうなずきます。
その分傷つけられることも多いとおもう。ひどい人がいるものです。

More ブロガーさんへの気持ち
[PR]
by noegon8p | 2008-05-25 15:50 | 都内蕎麦屋さんめぐり

蕎麦の週末①たじま

麻布:たじま
週の終わりに自分にご褒美を。広尾の町を背に有栖川公園を右手にとことこ。
登りきったところにたじまがあります。「この辺りに住んでみたいなぁ」つくづくそう思います。

たじまのお野菜を並べてお酒をひとちょぼ頂きます。
意識してお野菜をゆっくり味わって食べます。ポリッと歯ごたえのいいアスパラガス。
隠元和尚は黒胡麻合え。こちらもキュキュッと歯ごたえが楽しい。
新取り菜は緑の芯まで透き通っていてうつくし。盛り付けた赤の漆器とのコントラストがセンスいい。
これは昆布出汁だけの甘さなのに物足りなくはないのが不思議~。
フキ味噌を挟んだ山芋焼き。サクッとした音の後に苦味がついてきて香りに酔えます。
一つ一つ食べる度確認して楽しむ。

野菜も一種お刺身みたいな意味合いでいうと「すぐ走る料理」茹でておくと香り、歯ごたえも変わっちゃう。
野菜料理を掲げているからすごく気をつけてるでしょうね。
うっとりした最後にはオレンジのシャーベット。
これがほんの少しの苦味と甘みでさっぱりします。
お酒を飲んだ後にこれ、決まります。べとべとした甘みでなくすごく柔らかさっぱり。
やっぱり「たじま」は「引き算の上手い蕎麦屋」です。

ごめんなさい悪戯はわたしです!
[PR]
by noegon8p | 2008-05-25 14:47 | 都内蕎麦屋さんめぐり

渋谷神山町 聞弦坊 -mongenbow-

d0060920_1495323.jpg
渋谷。その離れにひっそりと松濤があり新宿・表参道に抜け出る道に使われてる道があるんです。
その通り沿いにPL病院があり、その向かいに「聞弦坊」があります!

More二日酔いを和らぐ蕎麦
[PR]
by noegon8p | 2008-05-24 16:07 | 都内蕎麦屋さんめぐり

鷺沼 よしみや -yoshimiya-

d0060920_16453260.jpg
鷺沼を通りかかって「よしみや」に行ってまいりました。
看板のよしみやの横に「一番挽き蕎麦」これが通った時に目に入っちゃったんです。
仕事で社長と移動中の、昼近く・・・私の視線に反応してくださって「そろそろお昼だから、寄って行こうか?」嬉しい一言を頂きました!
でもしかし、なんだかこの雰囲気、鷺沼というより新橋辺りのレストラン地下街を思い出すような・・。
では、プチ地下街にもぐりこんじゃいます。

More土曜のお昼も活気があります!
[PR]
by noegon8p | 2008-05-18 17:35 | 旅の蕎麦から

蕎麦の後には和菓子・・・だよね~ん

d0060920_18495117.jpg
須田町でお蕎麦、帰りに竹むら!このゴールデンなコースを見つけた感動。今でも蘇ります。
これは、桜のういろうと梅餡を梅寒天で包んだ「あじさい」

甘さ控えめ賞味期限1日
[PR]
by noegon8p | 2008-05-17 19:11 | 料理練習帳

豪徳寺 あめこや -amekoya-

d0060920_1871755.jpg
行くのは4回目、入れたのは2回目という今大人気になっている「あめこや」予約で行きました。
AMECOYAの文字から蕎麦屋とは想像付くまい・・・。今日は一番乗りなのにすでに「本日は予約で席がご用意できません」とは、はて、これいかに?(笑)

あめこや写真館
[PR]
by noegon8p | 2008-05-17 18:33 | 都内蕎麦屋さんめぐり

館山 船初体験

d0060920_123551.jpgゴールデンウィークにヨットクルーズ初体験をしました。
船には何度か乗ったことがあります。一番長いのは中学の修学旅行。
沖縄を出て長崎まで20時間近く乗ります。(ちなみに帰りは飛行機を体験します)
酔った子の背中をさすり、酔ってなかった子も貰い酔いをするとかしないとか。

その辺私は鈍いようで酔ったことはないのですが、もしもを考えて酔い止めの薬を飲みました。
朝6時の事です。電車を降りて立ち上がってびっくりしました。
足元がふらふらして酔っているようなのです。ずっと変な気分でした。
酔い止めって、薬で酔わせる事で乗り物に酔わせないのかも!(笑)
バスの中でもいつも平気で本を読んでいるのに文字がゆらゆらしていました。

1・2人乗りのヨットをディンギーと呼び4人乗り以上をクルーザーという呼び方をするそうですが、この船Hinanoは、風見鶏を見上げると後に倒れてしまいそうな大きなクルーザーです。すご~い!
この日の関東、館山だけ雨を免れたようです。雨女でなくて良かった、ほっ・・・。

船での常識つゆ知らず。
[PR]
by noegon8p | 2008-05-17 11:15 | 日々のつぶやき

能登 烏賊のいしり焼き

d0060920_20475543.jpg
届きました、待ちにまった「烏賊いしり焼き」
いしるはいわしやサバなどの魚の魚醤、いしりは烏賊の漁醤なんだそうです。
芸術新潮で知ったというSlowDaysさんが教えてくださったお取り寄せ
これは半生なわけで、わたが出ないように丁寧に焼く。ゆっくりと、はさみを入れる。
中からじわっと、とろ~っとワタと墨が出てくる。

食べてみる。いしりでしっかりと味がついていて何にもいらないというのは本当です。
そしてわた。ほんのり苦みもあり、烏賊の甘さといしり漁醤、独特の発酵した塩味が
噛めば噛む程口の中で広がっていく。もう、噛むことをやめられない感じです。

そしてワタを空気にさらした直後は苦味よりも甘みが引き立つのですが最後に行き着くまでに苦味を増してくる。
これもまた楽しい。少し切る祭にこぼしたワタはゲソの部分などを使って最後まで楽しめます。

http://www.hokuchin.co.jp/
[PR]
by noegon8p | 2008-05-11 21:31 | ぐるぐるグルメ

市ヶ谷 大川や -ohkawaya-

d0060920_1434297.jpg
市ヶ谷で今、人気沸騰中の蕎麦屋さん「大川や」です。
JR市ヶ谷を背に靖国神社を目指すと一口坂という信号・・・その次の信号で右の路地へ。
その路地2ブロック目の通りに手打ち蕎麦「大川や」の光を見つけました。

大川やさんのお料理!
[PR]
by noegon8p | 2008-05-11 15:32 | 都内蕎麦屋さんめぐり