<   2008年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

広尾 さ和長 -sawacyou-

d0060920_934876.jpg
先週の話ですが、気になっていたところに足を運びました。
広尾の交差点を有栖川公園に向ったとこ。右側に路地があり右側に「さ和長」はあります。
この日もふらっと寄った為、携帯でごめんなさい。

なんだか店の顔に惹かれて。
[PR]
by noegon8p | 2008-07-12 11:46 | 都内蕎麦屋さんめぐり

ケイコとマナブ、ご褒美はたじま

金曜日によく宴会が入るのだけどあえてお稽古事を金曜に入れてます。
みんながお酒を飲んではじけてるであろう時、私は自分磨きで優越感。
やめられませんね、これ!ぐふふふ・・・・性格悪いですね。そのせいか続いてます。

今日は帰りに有栖川公園の横を登り「たじま」へ行く。
ここにたどりつくと9:30になってしまいます。
「そろそろラストオーダーの時間ですがよろしいですか?」行く度聞かれます。
その時間に入れてくれるから、言葉に甘えちゃいます。(;。;)

ここではほとんど雑誌や本を見ながらお野菜を肴にお蕎麦を待ちますが、
今日は隣のカップルの女性とふとしたことから仲良くなり意気投合でした。
お互い名乗ることもなかったものの、彼女の「またお会いできますか?」の言葉に
「○日なら居りますのでぜひ、今度ご一緒しましょう!」また会えるのが楽しみです。

お蕎麦は長野の伊予産だったかな?おいしかったです。
今日、おつりを財布に入れるときに新札なのに気づき
「もしかして、おつり用に銀行で変えてくるのかしら?」なんて思いました。・・・まさか?ね。
[PR]
by noegon8p | 2008-07-12 09:27 | 日々のつぶやき

三宿 板蕎麦山灯香 -santouka-

d0060920_21192258.jpg
三宿の交差点からすぐ。三茶に郵便物を取りに行く日曜・・・歯医者に行く土曜・・・。
ああ、懐かしい・・・今は自転車じゃぶらっと来れなくなっちゃったなぁ。
この店はお蕎麦やさんというより「飲み屋さん」的なお蕎麦やさんなんですよ。

More板蕎麦やって7年目
[PR]
by noegon8p | 2008-07-07 21:49 | 都内蕎麦屋さんめぐり

麻布十番 更科堀井 oishii

d0060920_2058368.jpg
麻布十番、堀井。変わらない店の顔。もう少し陽にあたってもじんわり汗が出る初夏。
お昼とあって中の椅子では並んで待っています。
セントメアリー教会で結婚式。式だけ出席だからちょっと蕎麦でも手繰っていこう。

更科堀井、初夏メニュー
[PR]
by noegon8p | 2008-07-07 21:18 | 都内蕎麦屋さんめぐり

登戸稲荷社 7月縁日

d0060920_22251622.jpg
ん?結婚式の帰りにふと多摩川を渡った橋のふもとを見る。
なんかやってました。!!引っ越して丁度一年ほど、まだ神社見たことないし・・・。
途中で着替えてて良かった!祭りの中にとびこんでいきました。

「縁日」でした。帰りに一枚お蕎麦食べたし見るだけにしようかな。
しかし人が多いところが大好きな私、おお~~この狭い道に出店が並び、
すれ違いざま裾が擦れ合うくらいなこの境内までの通り。狭い入り口ってなんだかすご~くいい♡

そば箸、初めて見た雅楽
[PR]
by noegon8p | 2008-07-06 23:41 | 日々のつぶやき

渋谷 日和 -hiyori- 日本一重たい蕎麦屋のドア

d0060920_14151351.jpg
打ち合わせ、今日は「日和でお願いします」
渋谷の日和あたりは場所的に私の仕事相手に来ていただきやすい場所にある。
日和のドアは”日本一重たい蕎麦屋のドア”だと思う。いつも思う。頑張ってる自分がおもしろい。
かならず共同作業になる、笑いがこぼれる。このドアいいね。

ここはいつもカメラを持っていない日。せめて携帯カメラの機能イッパイイッパイ引き出そう。
これは茄子と茗荷のおひたし。

ついお客様より先に手が伸びそうに。
[PR]
by noegon8p | 2008-07-05 14:40 | 都内蕎麦屋さんめぐり

立ち食い蕎麦の本。

d0060920_12353581.jpg
manbowさんからの頂き物の中の一つ『東海林さだおの偉いぞ立ち食いそば』
蕎麦を手繰りながら読んでみる。感性がユーモラス。

立ち食い蕎麦に居る人の正しいポーズなど漫画書くだけに正確。
なぜに立ち食い蕎麦屋が無愛想か。の心理まで解き明かしてある。なるほど。
立ち食い蕎麦屋で丼を頼んでいる人、周りが忙しく手繰っているのに『口に入れてはもぐもぐ』
たしかにその中にいるその人は”丼ぶりを持って単純に立っているだけの人”に見えますね。ぷぷ。

そば箸、立ち食い蕎麦だって立ち寄ります。右見て左見て、飛び込んでぶつかったり。
(一応男性の世界に立ち入るわけで出入りはドキドキします)
この本読んでなるほど。立ち食い蕎麦屋の粋だってあるんです(笑)ホント。
だってね、立ち食い蕎麦屋にだって商売のヒントやなるほどな工夫とかあって愛情わきますよねぇ。
逆発想だって湧きますしね、しかし香りで1人勝ちする玉葱嫌いな私には
玉葱の入っていないないかき揚げ、これがあったらなぁと、思う。
逆に手打ち店で、かき揚げに玉葱を入れた店に急に「安っぽさ」を感じてしまうのも
両極端な位置にある「立ち食いの個性の1つ」からくるインスピレーションなのかも知れない。

この求める個性も営業体系も真逆な「蕎麦や」比較するも、別ものと考えるもいとおかし。

私に活字で蕎麦を教えてくれた蕎麦作家「藤村和夫」さんもおっしゃる。
蕎麦と料理に厳しい目をもったあの方が「気取らない蕎麦屋」として立ち食いも「有り」だとおっしゃる。

「コスト・材料の違い」フルに生かしたものを提供する意味では料理は完成しているのだ。
きっとそんな気持ちからだと思うのですよねぇ。
[PR]
by noegon8p | 2008-07-05 13:18 | 料理練習帳

山都産 鈴木製粉で打った蕎麦

d0060920_658566.jpg
1kg打ちで失敗したら絶対泣く、繋がらなかったらかなり落ち込む・・・・。よかった、うまいこと繋がった。ほっとした~。
うん、今日のコネが良かったのかなぁ。いや山都のお蕎麦だから?いい艶がでた。
しかしこの腰のままで、もう少し細くまで延ばしたいなぁ。粘るには「蕎麦が待てる時間」がたりなかったよぅ。
「これ以上延ばすと心配だぁ、もういいかな、今日のところはもう自分を許していいよね!」なんて自分と会話しながら、かけ引き成立~!
うん、さすが山都の蕎麦。香りはちゃぁんと残ってます。毎日は打てないからこれで真空パックがあるとなお好いなぁ。
[PR]
by noegon8p | 2008-07-04 07:14 | 料理練習帳

高郷村(今は喜多方市)

d0060920_23534976.jpg
本当にここが高郷の高郷ランドへ向っているのかしら?だんだん標高高くなるっていうか・・・片側はすごい崖っぷちです。どんどん家も見えなくなって空に近づいていきます。
途中で車に会ったら「じゃんけんして」負けたほうが飛び込むとか?回避はどうすればいいのでしょう・・。どきどき

More
[PR]
by noegon8p | 2008-07-04 00:21 | 料理練習帳

喜多方 蔵屋敷あづまさ

d0060920_2314739.jpg
骨董品が並ぶ中、電気洗濯機を見つけたけど・・・どうやって使うものなのかさっぱり!(?▽?)

すわってまったり。蔵できゃっきゃ
[PR]
by noegon8p | 2008-07-03 23:51 | 旅の蕎麦から