<   2008年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日暮里 準備中の「金さん」

「「金さん」」に行った。一号点は地下にあったがここは2号店。
新しいビルに賭けてみたのでしょう。ちょっと気になってました。

中に入る。1号店は職人が客席も切り盛りするが、ここはバイトかな?
そんな子がメニューを運んできました。
すみません、ビールをお願いします。・・・・ビールが来る間につまみなどを選ぶ。
「あの、玉子焼きとやきみそ、あと最後に3食そばをお願いします。」
しばらくして玉子焼き、焼き味噌と運ばれてきた。
ビールを注いで今日の自分にご褒美を・・・・・。5分ほどして・・・・・えっ?!
「1枚目のざるです」・・・手などつけられるわけのない状態で「2枚目の田舎です」
唖然としているところへ3枚目の変わりが来た。
テーブルは一杯になってしまったが、ビールはまだ1杯目だった。

私も後で注文するか、飲み終わってからと言えばよかったのだけど・・・。う~ん。
複雑な気持ちで居るところにもう1人の男性店員がカメラと状況に気づいて厨房に入っていった。
するともう1人の職人・・・。2人でこっちをじっと見ながら5分たっても蕎麦に手をつけない私に
焦り始めてきたようなんです。もう1人女性の職人まで3人並んで正面から見ている。
なんだかお見合いのような状態です。
だんだん落ち着きなくなり、横を何度も通りすがる・・・・・。

女性職人が思い切ったように向ってくる。
新しいのをもってこいとは言わないから、一言誤ってくださったりすると気持ちいい。

職人は前で立ち止まり、とびきりの笑顔を作り、思い切ったように「お茶をお持ちしますか?」
ビールが瓶に半分ある状態なのに・・・だ・・・・。気を使ったつもりか?
「はぁ、ありがとう」

それから「ビールを飲みながら蕎麦をすすり、蕎麦を食べながら焼き味噌をなめ、
お茶を飲みながらビールを飲み、蕎麦湯をすする。」

そんな形になってしまった。附とは昔で言う胃のあたり?
附に落ちないというのはまったく、この事ですね(笑)

ここを出るときに「まだ、2号店は準備中だったんだ」と思って店を後にしました。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-30 23:53 | 都内蕎麦屋さんめぐり

北海道産、新そば届きました。

d0060920_2295381.jpg
今日は新そばと、芥子切りを打ちました。(写真が気に入らず小さいのでごめんなさいませ)
北海道 幌加内産。9月2日が金沢とかぶっていて行けなかった新そば祭り。
北村製粉も早取りです。残りの実がまだ付かなくても緑色の時に刈っているのでしょう。
今年も綺麗な緑色が鮮やかでした。香りも若草のようで新しい畳を連想させました。
この季節、打ってて楽しいと思える瞬間ですね~。感謝の気持ちで一杯です。
ビンテージなどは努力によって旨さを熟成させるものなのでしょうが、
新そばの香りとアクは、若くパワフルなんですよね~!蕎麦も生き物だから人と同じなんですねぇ。

致命傷・魚の方向まちがえた!
[PR]
by noegon8p | 2008-09-28 22:47 | 料理練習帳

祇園 手打ち蕎麦 三文銭

d0060920_19402936.jpg
えっ?祇園に「三文銭」という手打ち蕎麦屋さんがあるの?
しかも夜中の2時まで営業ですって?!じゃ、こんな時間からでも空いてるって事ですね?
祇園は南側観光名所側しか知りませんでしたが三文銭は祇園北側裏にありました。
この辺りは舞妓さんが足を運ぶような場所もテナントの飲み屋さんも沢山ありました。

肴は数でなく自信の品数です
[PR]
by noegon8p | 2008-09-28 20:48 | 料理練習帳

初漬け・梅干大成功!

d0060920_2252648.jpg
赤紫蘇の葉と漬けた赤梅と塩と焼酎の白梅。うす塩で漬かったので蜂蜜入れるか入れまいか悩んでます。
ちょっとつつくと中からぷちゅ~っととろけます。「南紅梅・有機栽培」ケチらなくて良かったかも。
1こ100円の梅干(汗)
[PR]
by noegon8p | 2008-09-23 22:10 | 料理練習帳

京都山科 蕎麦 高月 -kougetsu-

d0060920_19461332.jpg
山科の大文字山・・・毘沙門天から南禅寺と大文字に分かれる道の前に「蕎麦 高月」はあります。

この高月の建造物は昭和54年に滋賀県伊香木ノ本町にあった民家を移築したものだそうです。
ケヤキ造りで葦葺き屋根。「枕草子」「宋家の三姉妹」など数々の映画やCMでも使われた場所。

推理とサスペンスの夜
[PR]
by noegon8p | 2008-09-23 21:52 | 旅の蕎麦から

金沢・能登 スナップ

d0060920_58654.jpg
曲線が美しい。歩く、休む人々が作品のひとつになってしまう、21世紀美術館。
作り手のセンスが伺われますね。
妹島和世と西沢立衛はヨーロッパやアメリカで美術館など数多くの建築を手がけてきた世界的建築家。
裏と表のない硝子の意味、それは透明感・明るさ・開放感を求めたデザインなんだそうです。

More
[PR]
by noegon8p | 2008-09-21 05:22 | 日々のつぶやき

金沢城再建

d0060920_2129223.jpg
兼六園のお隣で今金沢城が再建されている。そこで面白いものを見つけました。
壁板・瓦を寄進するというものですが「瓦の裏に自由に書き込みをしてください」というもの。
家族の名前や寄せ書き、一句、絵を書く人いろいろありました。

ひと昔前さくら銀行主催の「桜基金」というものがあったなぁ。
ベルリンの壁崩壊の時、壁の跡に桜を送ろうというものでした。
いつか一緒に花見がしたいなぁと私は夢を買った気持ちになったものです。

気持ちに訴えて寄贈をあつめるというものもあるけど、ダブルで夢が叶う楽しい企画だなって思いました。
のどの部分の瓦か壁かはこちらで確認できます。子供の名前を入れたり、仲間の寄せ書きをしたり。
金沢に訪れる人は年間200万人を超えるそう。金沢に思いを寄せる人は地元の方だけではなさそうですし!

More・・復元中の二の丸
[PR]
by noegon8p | 2008-09-17 04:08 | 日々のつぶやき

乙女寿司

d0060920_21135631.jpg
花まきさんのページにあった期待膨らむ乙女寿司!これだけは行かなくっちゃとお昼に飛び込みます。前から見た画とはちがい店の前にはお庭が。
あまりむらさきを使うお寿司は少なくて、つめや塩などを巧みに使いこなす大将。
2人とも初めて行く店だったので「写真とって良いか」は聞けませんでした。
塩とカボスのかかった烏賊はパラッと口の中で解けます。鰻もすごく美味しかった。
なんだろうね、あれ?と思っていた台所の角にあるレンガを積んだようなもの。
その上で焼いた鰻は皮がさくっと中はほくっとしています。お代わりしちゃいました。
ほっぺのとろけるお寿司を数頂いて、5000円。お昼の有難さですね。

羽咋に泊まったのですが一度能登に向う前にもう一度行けないか?(時間がなくて没)
輪島で朝一を見たらすぐ出てお昼に間に合わないか(日曜日は休みの為没)
それほどに私たちを惑わした石川NO1のお食事でした。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-16 21:28 | ぐるぐるグルメ

羽咋 名勝平家庭園

d0060920_2240264.jpg
平家へいけとは読まない。
一見の価値があるという見事な日本庭園を見に寄ってみた。
「今から約800年前(寿永年間)、倶利伽羅峠の合戦で木曽義仲に敗れた平維盛の重臣だった平式部太夫がこの地に居を構えた。」そうな。

More江戸中期の庭形式らしい・・。
[PR]
by noegon8p | 2008-09-13 23:01 | 日々のつぶやき

能登 キリコ(切籠)写真

d0060920_20452887.jpg
曽々木町、窓岩近くの民宿「今日はお祭り、何時からでしょう?」「まだみんな飲んでるはずだから10時くらいかな。」
「どこに行けばいいのでしょう?」「信号曲がって4キロ行った辺り。はっきり何時からとは決まってないけど、行けば探せるよ。」
能登の花嫁にもあったキリコをこの目で見たいとはりきっていました。もちろんお祭りは偶然でした。
なんて運がいいのでしょう。これはぜひとも行かなくては。

More
[PR]
by noegon8p | 2008-09-13 21:16 | 日々のつぶやき